伊勢原版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

JAいせはら女性部 青木さんが全国へ 生活文化活動体験発表会

教育

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena
「ちゃぐりん」を持つ青木さん
「ちゃぐりん」を持つ青木さん

 2015年度「生活文化活動体験発表会(県家の光大会)」(主催/JA神奈川県中央会・JA神奈川県女性組織協議会)が12月10日、横浜市中区のJAグループ神奈川ビルで行われた。JAいせはら代表として参加した青木房江さん(58歳)が「『家の光』等記事活用体験発表の部」で県代表に選ばれた。

 同大会は、暮らしの向上やJA活動の活性化をめざして行われているもの。青木さんは、JAグループの家庭雑誌「家の光」や、子ども向け食農教育誌「ちゃぐりん」等を活用した体験発表を行う「『家の光』等記事活用体験発表の部」に参加。「『ちゃぐりん』に出会えて」と題して発表した。

 市内小稲葉で40年以上続くトマト農家の嫁として家族をサポートし、JAいせはら女性部でも活躍する青木さん。「ちゃぐりん」に出会ったのは、孫がきっかけだった。孫と一緒に本を読み、誌面にある料理を一緒に作る。「食農だけでなく、歴史なども学べ、みんなで楽しんで読んでいます」という。また女性部内の活動「ちいさな手」では、地元食材を使った料理教室なども実施。そこにも「ちゃぐりん」が役立っているという。「これからも新鮮な地元食材を子どもたちに伝えていきたい」と話した。

 発表では、そんな「ちゃぐりん」との日常を伝え、代表発表では、驚きのあまりつい立ち上がってしまったという。来年2月に全国大会が行われる仙台市には、東日本大震災後に訪れており、今も胸には県女性部で被災地支援として購入した貝殻のアクセサリーが光る。「農業でも漁業でも女性の力は大切。みんなを応援する気持ちで発表したい」と笑顔で話した。

伊勢原版のトップニュース最新6

「落語でまちおこしを」

「落語でまちおこしを」 文化

11月に素人大会開催へ

9月24日号

「地域で話題の高齢者」に

岡崎在住打田すみさん

「地域で話題の高齢者」に 社会

厚労省のHPで紹介

9月24日号

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ

全日本卓球選手権県予選会

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ スポーツ

13歳以下の部で

9月17日号

ベイスターズJrに選抜

伊勢原フレンズ青木徠海さん

ベイスターズJrに選抜 スポーツ

16人のメンバーに

9月17日号

LINEで情報発信

伊勢原市

LINEで情報発信 政治

公式アカウントを開設

9月10日号

大山道の道標マップ作成

伊勢原市

大山道の道標マップ作成 文化

商品売上の1%活用

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook