伊勢原版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

「申年の梅」もう見ごろ 雨岳文庫で無料開放

社会

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
雪化粧の大山を背に白い花が咲く(1月23日撮影)
雪化粧の大山を背に白い花が咲く(1月23日撮影)

 市内有数の梅林で知られる上粕屋の山口家住宅(上粕屋862の1/通称=雨岳文庫)では、12月から1月にかけての陽気で小梅が早くも咲き出した。「例年は2月上旬ごろだが、今年は早い。こういう年は梅の実が不作になることが多い」と主の山口匡一さん(81歳)。縁起が良いとされ珍重されてきた「申年の梅」は、1月末に見ごろを迎えそうだ。

 山口家住宅の梅林には、およそ6千平方メートルの敷地内に300本を超える梅の木が並んでいる。新年早々に咲き出した小梅の開花は例年、2月上旬ごろだが、温暖な天候が続いたこともあり、1カ月以上早まった。

 山口さんによると、昨年は2月中旬に小梅が咲き始め、その後、十郎、南高、白加賀が順調に受粉。豊作の年となった。しかし、今年の小梅は早咲きとその後の寒冷により、晩生種の受粉前に散るおそれがある。50年以上にわたって梅を育ててきた山口さんも「経験上、早咲きの年は不作が多いように思う」と話す。

 平安時代、時の村上天皇が、申年に漬けた梅で病を克服したという故事にならい、縁起物とされ珍重されてきた「申年の梅」。「今年はほとんど取れない可能性もある。久しぶりの不作が申年に来るのは残念だが、きれいな花は私たちを楽しませてくれている」と山口さん。

 山口家住宅では、2・3月の毎日午前10時から午後3時まで、梅林と菜の花畑を無料で開放する。

 ほかにも、梅の名所として知られる日向薬師近くの日向梅園は、海抜200mに位置し、例年、3月上旬から中旬に見ごろを迎える。

オカリナキッチン

大山とうふメンチカツ シフォンケーキ・プリン

https://www.facebook.com/ocarinakitchen

軽費老人ホーム 大山ホーム

「ただいま」と「おかえり」がある空間

www.oyamahome.com/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

東京オリンピック出場へ

東京オリンピック出場へ スポーツ

伊勢原出身の4選手

7月23日号

まちの将来像 市民が議論

まちの将来像 市民が議論 政治

次期総合計画策定に向け

7月23日号

学生が観戦イベント考案

産業能率大学

学生が観戦イベント考案 教育

マネジメントの体験授業

7月16日号

市内8郵便局と連携

伊勢原市

市内8郵便局と連携 社会

4事業で包括協定締結

7月16日号

避難所の混雑可視化

伊勢原市

避難所の混雑可視化 コミュニティ政治

IT企業と協定締結

7月9日号

大学生が恋愛ドラマ制作

神戸在住水越さん

大学生が恋愛ドラマ制作 社会

同世代にエール込め

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter