伊勢原版 掲載号:2016年12月23日号 エリアトップへ

三富くんが全国優勝 全日本フルコンタクトテコンドー選手権大会

スポーツ

掲載号:2016年12月23日号

  • LINE
  • hatena
金メダルを手にする笑顔の三富くん
金メダルを手にする笑顔の三富くん

 「第27回全日本フルコンタクトテコンドー選手権大会」(日本テコンドー協会主催)が11月26日、東京都文京区の後楽園ホールで行われ、中沢中学校1年の三富朝日くん(13歳)が中学生男子組手軽量級で優勝を飾った。

 同大会は、地区大会を勝ち抜いた選手79人で競うテコンドーの全国大会。試合は動作の正確さや技術力を競う「型」種目と、相手に蹴りや突きを入れて勝敗を決める「組手」種目がある。

 三富くんは7月10日に平塚市で行われた湘南テコンドー選手権大会の一部少年軽量級で優勝。昨年に続き2回目の全国へ挑んだ。

 今大会の中学生組手軽量級には3選手が出場。三富くんは2分間の試合のなかで、得意とする後ろ横蹴りなど足技を中心に攻撃を仕掛け、2試合とも3対0で判定勝ち。見事優勝した。「前回の全日本大会では準優勝で悔しい思いをした。緊張したけれど、中学生として初めて出場し、優勝できたので嬉しい」と笑顔で話した。

水泳・バレーの練習も活かして

 現在、湘南平塚跆拳道クラブに所属し、週に3日程度練習を重ねている三富くん。6歳上の兄がテコンドーをやっていた影響で、幼稚園の頃からクラブに所属し、現在までずっと兄弟で切磋琢磨しながら続けている。クラブについて三富くんは、「いつも一緒に練習できる仲間がいて、落ち着ける場所。毎回練習へ行くのが楽しみ」と話す。

 小学校低学年の頃からは水泳にも通い、中学校ではバレーボール部に所属。両立について「どのスポーツも互いに活かせるところがあります。体力を色々な面で伸ばすことができるので楽しいです」と話す。

 今後の目標については、「また来年、全国大会へ出場して、優勝を飾りたい」と力強く話した。
 

伊勢原版のトップニュース最新6

小学生の頂点決まる

いせはら独楽チャン

小学生の頂点決まる 教育

比々多小が団体で3連覇

1月21日号

新戦力加入で大幅補強

湘南ベルマーレ

新戦力加入で大幅補強 スポーツ

新シーズンへ体制発表

1月21日号

日照り十分 順調な年

大山阿夫利神社

日照り十分 順調な年 文化

伝統の筒粥神事

1月14日号

杉山兄弟が上位独占

ロボットコンテスト

杉山兄弟が上位独占 社会

初出場の目視部門で栄冠

1月14日号

2部制で分散開催へ

成人式

2部制で分散開催へ 社会

10日 オンライン配信も

1月7日号

花火で「元気届け」

大田地区

花火で「元気届け」 コミュニティ社会

クリスマスの夜空彩る

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook