伊勢原版 掲載号:2018年5月4日号
  • googleplus
  • LINE

公園緑花まつり ど根性ひまわり今年も 総合運動公園で12日、13日

社会

会場が緑一色に(昨年の様子)
会場が緑一色に(昨年の様子)
 伊勢原の初夏の風物詩「公園緑花まつり」が5月12日(土)、13日(日)に伊勢原市総合運動公園で開催される。花の苗の無料配布やスタンプラリーのほか、音楽やダンス、各種模擬店がまつりを盛り上げる。

 市民に緑に親しんでもらい、自然の大切さについて考えてもらおうと、毎年この時期に開催する同まつり。花壇作りや花いっぱい運動など、市内で緑化活動を推進する伊勢原市みどりのまち振興財団(廣田悦男理事長)が実行委員となり開催し、27回目を迎える。

 当日会場では緑に関する小物や植木が並ぶフリーマーケット、掘り出し物が眠るエコロジーマーケット、緑花相談、スタンプラリーが楽しめる。さらに関係団体による展示、花や野菜の即売会のほか、市民団体によるフラダンスやよさこいなどが祭りを盛り上げる。

 また会場では体験コーナーも充実。手打ちそば作りや間伐材を使った工作教室など大人から子どもまで楽しめる企画が多数催される。

花の苗を無料配布

 初開催から続き毎年好評の花の苗の無料配布を今年も実施。同財団が丹精込めて公園内で育てた苗が配られるとあり、毎年苗を求める人で長蛇の列ができる。

 今年の苗は昨年に続きひまわりとききょう。ひまわりは、東日本大震災の津波に負けず開花した宮城県石巻市の「ど根性ひまわり」で、種を譲り受け、伊勢原に持ち帰った市民の提案を受け配布が始まった。

 「ひまわりの苗を持ち帰った方々から成長記録が寄せられた。いろいろな形で緑が増えるのは嬉しい」と財団職員は話す。

 ききょうは「伊勢原市の花」であることから、市民への周知を目的に配布される。ひまわりは午前11時と午後1時半、ききょうは10時と2時に整理券を配布。両日とも各回先着50人。グラジオラスの配布も予定。

 問い合わせは公園緑花まつり実行委員会/【電話】0463・96・6466へ。

伊勢原版のトップニュース最新6件

行衣で歴史を感じて

伊勢原市

行衣で歴史を感じて

8月10日号

「多様性を認め合う社会に」

未病センターを開設

伊勢原市

未病センターを開設

8月3日号

ブドウ・梨たわわに実る

若井・山田ペア全国へ

ビーチバレー

若井・山田ペア全国へ

7月27日号

爆発物テロからバス守れ

伊勢原警察署

爆発物テロからバス守れ

7月27日号

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

帰ってきたあつお展

帰ってきたあつお展

あつぎロードギャラリー

8月17日~9月19日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月10日号

お問い合わせ

外部リンク