伊勢原版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

地域福祉を考える会 「草の根」の活動に評価 県子育て支援大賞で

社会

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena
受賞を喜ぶ宮森孝史理事長
受賞を喜ぶ宮森孝史理事長

 市内で子ども食堂などを運営する認定NPO法人・地域福祉を考える会(宮森孝史理事長)が「第12回かながわ子ども・子育て支援大賞・草の根賞」を受賞。11月30日に県庁新庁舎で表彰式が行われた。

 かながわ子ども・子育て支援大賞は、県が子ども・子育て支援活動を活性化させ、その取り組みが県民総ぐるみとなることを目的にモデルとなる活動を行っている団体を表彰するもの。12回目の今回は同会を含む11団体が表彰された。

 同会が受賞した「草の根賞」は地域に密着した活動により特にその実績が著しいと認められる団体に贈られる賞。

 同会は1992年に医師や大学教授、福祉関係者、ボランティアなどによって新しく始まる介護保険事業に向けた勉強会と情報交換を目的に発足。2004年に特定非営利活動法人の認証を受け、16年には認定NPO法人に認定され高齢者や障がい者、児童に目を向け、誰もが優しく支えあう街を目標に支援活動を続けている。

 今回は子どもの居場所や食育のための『いせはらみらいクルリンこども食堂』と、子育て中の母親の憩いの場の役を担う子育てひろば『きらきら』、家庭の事情で塾に通えない子どもを支援する『学習サポートみらい・つなぐ』など、乳幼児から中学生まで多様なニーズに応える活動が評価された。宮森理事長は「地域との繋がりによる活動が評価されてうれしい。多くの方に知って頂けるよう、これからも地道に活動していく」と話している。

伊勢原版のトップニュース最新6

若者の主権者意識を育成

青年会議所神奈川ブロック

若者の主権者意識を育成 教育

向上高校で選挙教育

5月14日号

窓口の混雑情報を配信

伊勢原市役所

窓口の混雑情報を配信 社会

待合所の3密回避へ

5月14日号

仏国際コンクールで金賞

吉川醸造

仏国際コンクールで金賞 社会

日本酒の新ブランド開発

5月7日号

創建400年アートで祝う

伊勢原大神宮

創建400年アートで祝う 文化

伊勢神宮の「日の出」再現

5月7日号

青春を重ね開催待つ

東京五輪ソフトボール

青春を重ね開催待つ スポーツ

厚木市在住の飯島さん

4月30日号

映画のロケ地を巡る

伊勢原

映画のロケ地を巡る 社会

10カ所に等身大パネル

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter