伊勢原版 掲載号:2019年1月11日号 エリアトップへ

大山阿夫利神社 変化なく平穏 筒粥神事で豊凶を占う

文化

掲載号:2019年1月11日号

  • LINE
  • hatena
「米(わせ・なかて・おくて)」や「ごま」、「いも」など農作物が書かれた竹筒で粥を掬う神職
「米(わせ・なかて・おくて)」や「ごま」、「いも」など農作物が書かれた竹筒で粥を掬う神職

 大山阿夫利神社(目黒仁宮司)下社で1月7日、農作物の豊凶や天候を占う「筒粥神事」が執り行われた。江戸時代から続く神事であり、結果をまとめた筒粥表は関東一円の大山講信徒を通じて農業従事者らに配布される。

 筒粥神事は、神職が神饌田で収穫された米で炊いた粥を、18種類の農作物の名の書かれた小さな竹筒で掬い、形の崩れていない米粒の数で豊凶を占うもの。江戸時代から伝わり、農家の作付けの目安にもされている。

 神事では祝詞が奏上されると、巫女により壷に移された粥が運ばれ、掬った粥の米粒の数を神職が丁寧に数え、その数を読み上げた。

 結果を受けて目黒宮司は「今年は秋から冬にかけて順調に進み、平穏で大きな変化はないのでは。しかしながら季節の変わり目には注意が必要」と話した。占いの結果は筒粥表にまとめられ、関東一円の大山講信徒により、希望する農業従事者に配られる。

御神火で粥を炊く
御神火で粥を炊く

伊勢原版のトップニュース最新6

あすから紅葉ライトアップ

大山

あすから紅葉ライトアップ 経済

ケーブル夜間運行も

11月20日号

ポップコーンで収入増へ

地域作業所ドリーム

ポップコーンで収入増へ 社会

施設内に工房オープン

11月20日号

重要無形文化財保持者に

笛演奏家福原洋子さん

重要無形文化財保持者に 文化

市内で初認定

11月13日号

3年連続関東出場へ

石田JVC

3年連続関東出場へ スポーツ

10年ぶりの優勝目指す

11月13日号

桜台小に開設

放課後子ども教室

桜台小に開設 教育

地域交流や学習の場に

11月6日号

観光活性化に向け議論

大山地区

観光活性化に向け議論 社会

民間プロジェクトが始動

11月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク