伊勢原版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

全日本マスターズ 三浦尚文さんが初優勝 走幅跳65〜69歳クラス

社会

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena
表彰台の頂上に立つ三浦さん(提供写真)
表彰台の頂上に立つ三浦さん(提供写真)

 正田醤油スタジアム群馬でこのほど行われた「第40回記念国際・全日本マスターズ陸上競技選手権大会」。同大会の走幅跳男子M65クラス(65歳〜69歳)に出場した、市内高森在住の三浦尚文さん(67)が初優勝を果たした。

 満18歳以上であれば競技成績に関係なく参加できるマスターズ陸上。競技クラスは5歳刻みのため、同年代の人々と競技ができ、記録目標や健康管理などさまざまな目的で競技が楽しめる。

 三浦さんは7月に神奈川マスターズ陸上競技選手権の走幅跳男子M65で優勝。その勢いのまま全日本大会にエントリーした。当日、同クラスには全国から13人が出場。3回の試技の結果、8人が決勝へ進み、4m73cmを記録した三浦さんが見事優勝した。「優勝できてうれしい。ただ5mを跳ぶつもりだったので悔しい。来年も参加したい」と話した。

インターハイ出場も

 子どもの頃から足が速く、中学・高校・大学と陸上部へ。高校では走幅跳でインターハイにも出場している。大学卒業後、電機メーカーに就職してからは、体力維持のためトレーニングは欠かさなかったという。

 定年後本格的に走幅跳を再開。練習に熱が入りすぎて椎間板ヘルニアになったが、5年程のブランクを経て一昨年から少しずつ練習を再開した。「1日休むと体力が落ちる」と、毎日近くの公園でダッシュやウエイトトレーニングなどを行っている。「子どもの頃、誰よりも遠くに跳べたことが嬉しくて、今も続けている。健康維持にもなり一石二鳥」。今は右足の肉離れで休養中だが、すでに来年の大会に向けて気合十分だ。

伊勢原版のトップニュース最新6

カキノタネと豆腐 開発

うまいもの遺産創造委員会

カキノタネと豆腐 開発 経済

新商品をお披露目

7月3日号

高岳院再建へ始動

能満寺松本住職

高岳院再建へ始動 社会

「まちおこしの一助に」

7月3日号

ひとり親家庭の生活支援

伊勢原市

ひとり親家庭の生活支援 社会

臨時特別給付金を支給

6月26日号

新型コロナで登録者急増

くらし安心メール

新型コロナで登録者急増 社会

4カ月間で千人超

6月26日号

新グラウンド完成

向上高校

新グラウンド完成 社会

地域への開放も視野

6月19日号

事業継続支援に1.4億円

伊勢原市

事業継続支援に1.4億円 政治

独自の臨時給付金支給へ

6月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク