伊勢原版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

全日本マスターズ 三浦尚文さんが初優勝 走幅跳65〜69歳クラス

社会

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena
表彰台の頂上に立つ三浦さん(提供写真)
表彰台の頂上に立つ三浦さん(提供写真)

 正田醤油スタジアム群馬でこのほど行われた「第40回記念国際・全日本マスターズ陸上競技選手権大会」。同大会の走幅跳男子M65クラス(65歳〜69歳)に出場した、市内高森在住の三浦尚文さん(67)が初優勝を果たした。

 満18歳以上であれば競技成績に関係なく参加できるマスターズ陸上。競技クラスは5歳刻みのため、同年代の人々と競技ができ、記録目標や健康管理などさまざまな目的で競技が楽しめる。

 三浦さんは7月に神奈川マスターズ陸上競技選手権の走幅跳男子M65で優勝。その勢いのまま全日本大会にエントリーした。当日、同クラスには全国から13人が出場。3回の試技の結果、8人が決勝へ進み、4m73cmを記録した三浦さんが見事優勝した。「優勝できてうれしい。ただ5mを跳ぶつもりだったので悔しい。来年も参加したい」と話した。

インターハイ出場も

 子どもの頃から足が速く、中学・高校・大学と陸上部へ。高校では走幅跳でインターハイにも出場している。大学卒業後、電機メーカーに就職してからは、体力維持のためトレーニングは欠かさなかったという。

 定年後本格的に走幅跳を再開。練習に熱が入りすぎて椎間板ヘルニアになったが、5年程のブランクを経て一昨年から少しずつ練習を再開した。「1日休むと体力が落ちる」と、毎日近くの公園でダッシュやウエイトトレーニングなどを行っている。「子どもの頃、誰よりも遠くに跳べたことが嬉しくて、今も続けている。健康維持にもなり一石二鳥」。今は右足の肉離れで休養中だが、すでに来年の大会に向けて気合十分だ。

伊勢原版のトップニュース最新6

理想のまち みんなで作る

緑化で関東経産局長賞

“若手の力”が集結

商工会青年部

“若手の力”が集結 経済

10日に初のPRイベント

11月1日号

日韓の中学生が交流

伊勢原平成RC

日韓の中学生が交流 社会

豆腐作りなど体験

11月1日号

開業50周年の節目

伊勢原ゴルフセンター

開業50周年の節目 スポーツ

「トラさん」がプロ育成

10月25日号

商店会でハロウィーン

商店会でハロウィーン 経済

あす26日 74店舗が参加

10月25日号

毘沙門天立像が御開帳

毘沙門天立像が御開帳 社会

神仏習合残る八雲神社

10月18日号

有限会社パル音楽産業

レコーディング、イベントの音響・照明・ステージ・音響機材レンタルのことなら

http://www.pare.co.jp

千代田工業株式会社

あらゆる産業にあらゆる技術で貢献する

http://www.chiyoda-id.c0.jp/

山王総合(株)

総合建設から建物管理まであらゆるニーズにお応えします

http://www.sanno-sogo.co.jp/

比々多神社

2600年の歴史と格式を宿す古社は太古から現代へ今も人々を優しく見守ります

http://www.hibita.jp/

医療事務急募!

東海大学医学部付属病院、海老名総合病院で募集

https://www.nichiigakkan.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク