伊勢原版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

災害時に食料等 提供 市と大塚製薬子会社 協定

政治

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena
伊勢原市民文化会館前に設置された、災害対応型自動販売機の前に立つ高岡支店長=11月26日
伊勢原市民文化会館前に設置された、災害対応型自動販売機の前に立つ高岡支店長=11月26日

 伊勢原市は、大塚製薬の子会社、大塚ウエルネスベンディング(株)関東支店(東京都千代田区)と、11月26日に災害時協定を締結した。協定に基づき、同社の災害対応型自動販売機が、市民文化会館前に設置されたほか、携行栄養補助食品「カロリーメイト」が、備蓄用として市に提供された。

 協定の名称は「災害時における食料等生活必需物資の供給に関する協定」。市によると、同社を含む大塚グループ企業と自治体との協定は、神奈川県下では初めて。今年8月の防災訓練「ビッグレスキューかながわ」が伊勢原で行われたことが縁で、今回の協定締結となった。

 同社は自動販売機による清涼飲料や食料品の販売を手がけている。協定が結ばれたことで、同社はカロリーメイト900食を市に提供。市役所で備蓄し、災害時に各避難所などで配る。

 また、市民文化会館前に設置された、災害対応型自動販売機は、災害時に市が鍵を開け、中の商品を無償で取り出すことができる。

 このほか、市は同社が保有する物資を優先的に提供を受ける。市は地震や風水害などの災害時の応急対策を強化するねらいがある。

 26日には市役所で協定の締結式が行われ、高山松太郎伊勢原市長と同社の高岡文博支店長らが出席。高山市長は「自然災害が多発している。想定外とか百年に一度という言葉はないと思っている。企業の皆さま方にご協力を頂きながら、市民の生命財産を守っていきたい」などとあいさつ。

 高岡支店長は「伊勢原市との協定をさらに、神奈川県下の他の市町村、他の都道府県に広く提案させて頂き、災害時に貢献することが社会貢献だと信じている」などと語った。

協定書にサインする高岡支店長(右)と高山市長
協定書にサインする高岡支店長(右)と高山市長

伊勢原版のトップニュース最新6

「落語でまちおこしを」

「落語でまちおこしを」 文化

11月に素人大会開催へ

9月24日号

「地域で話題の高齢者」に

岡崎在住打田すみさん

「地域で話題の高齢者」に 社会

厚労省のHPで紹介

9月24日号

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ

全日本卓球選手権県予選会

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ スポーツ

13歳以下の部で

9月17日号

ベイスターズJrに選抜

伊勢原フレンズ青木徠海さん

ベイスターズJrに選抜 スポーツ

16人のメンバーに

9月17日号

LINEで情報発信

伊勢原市

LINEで情報発信 政治

公式アカウントを開設

9月10日号

大山道の道標マップ作成

伊勢原市

大山道の道標マップ作成 文化

商品売上の1%活用

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook