伊勢原版 掲載号:2020年12月18日号 エリアトップへ

成瀬小5年大角健くん 高学年の部で最優秀賞 木原記念こども科学賞で

教育

掲載号:2020年12月18日号

  • LINE
  • hatena
最優秀賞を受賞した大角くん
最優秀賞を受賞した大角くん

 第28回木原記念こども科学賞の小学校高学年部門で、成瀬小学校5年の大角健くんが最優秀賞を受賞した。これは県内の小中学生から生き物についての観察や調査、実験などをまとめた作品を募集するもので、今年度は164点の応募があった。

 公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団主催の同賞。次代を担う子どもたちが、身近な自然(動植物)に親しみ、自ら疑問や課題を解決していくための観察、調査、実験などの活動を奨励することで、 将来の科学者としての芽を育むことを目的としたもの。

 大角くんは「二ホンアマガエルのはんしょく計画と飼育実験2020」と題し、A3の画用紙63枚にもわたってアマガエルの産卵から成長までの飼育を写真やイラストを交えてまとめた。

 アマガエルの観察は5年前に風船のようにお腹が膨れてしまったアマガエルのオタマジャクシを田んぼで捕まえ「なんとか治してあげたい」と看病したのがきっかけ。そのオタマジャクシを「プーちゃん」と名付けて飼育。成長してカエルになったことから、子どもを見たいと思うようになり、3年生の夏休みの自由研究から観察記録をはじめた。昨年は全国学芸サイエンスコンクールに応募し、入選している。

 自宅の庭に田んぼを作りカエルを飼育する大角くん。多い時は60匹ほど飼育していたこともあるという。現在は屋外と室内で飼育し観察を続けている。「カエルの可愛さ、賢さをみんなに知ってもらいたかったので受賞できてうれしい、去年亡くなったプーちゃんに報告したい」とし、将来は「カエルの保護や生き物に関わる仕事に就きたい」と笑顔で答えた。

作品の表紙
作品の表紙

伊勢原版のトップニュース最新6

市民参加でアート制作

市制施行50周年事業

市民参加でアート制作 社会

写真で「浮世絵」再現

3月5日号

市民活動をwebで支援

アイサポ

市民活動をwebで支援 社会

市と協働イベントを企画

3月5日号

農業にドローン活用へ

大田地区土地改良区

農業にドローン活用へ 経済

県内初の本格導入めざす

2月26日号

ワクチン接種へ体制整備

市議会

ワクチン接種へ体制整備 政治

高山市長が施政方針

2月26日号

一般会計は328億円

伊勢原市予算案

一般会計は328億円 政治

9年ぶりに減少

2月19日号

ワクチン接種へ準備着々

伊勢原市

ワクチン接種へ準備着々 政治

集団と個別 2体制で調整

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク