伊勢原版 掲載号:2021年1月15日号 エリアトップへ

大山 みんなで注意する年 阿夫利神社で筒粥神事

文化

掲載号:2021年1月15日号

  • LINE
  • hatena
形の崩れていない粥の米粒を数える神職
形の崩れていない粥の米粒を数える神職

 今年の農作物の作柄や天候を占う恒例の「筒粥(つつがゆ)神事」が、1月7日に大山阿夫利神社の下社で行われた。江戸時代の後期から続くとされる神事で、目黒仁宮司(67)は、この日の結果を受けて「努力すべきところはしっかりして、みんなで注意していく1年になりそうだ」と話した。

 筒粥神事は、神職が古式に則った方法で煮た粥を、18品目の作物の名前が書かれた小さな竹筒ですくい、形の崩れていない米粒の数を数えて豊凶や気象を占うもの。300年以上前から続くとされ、農家の作付け目安にもなっている。かつて市内でも栽培されていたタバコが品目に入っているのが特徴。

 この日は市内の神饌田(しんせんでん)で収穫された米を使い、釜で粥を炊いた。巫女が壺に移して運び、2人の神職がコメやムギ、ソバなどの作物が記された小さな竹筒ですくって米粒を数え、その数を読み上げた。

 1品目につき9点が最高点で、合計162点満点で占う。今年は合計68点だった。結果を受けて目黒宮司は「一つひとつの作業に心して取り組むことで、平年のような状況が生まれる。油断をすると天候状況などいろいろな面で、注意をしなければならない」とした。また、「年間を通じて天候は極端に悪いわけではないが、梅雨時の大雨や夏の猛暑などに気を付けたい」と説明した。

 占いの結果は「筒粥表」にまとめられ、大山講信徒などを通じて、1都11県の農業従事者約6000軒に配布される。
 

粥を壺に移す巫女
粥を壺に移す巫女

愛甲石田駅前にOPEN

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬専用式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

音声拡大読書器など設置

伊勢原市立図書館

音声拡大読書器など設置 社会

視覚障がい者らの補助に

8月12日号

優れた施工業者を表彰

伊勢原市

優れた施工業者を表彰 社会

2022年度優良建設工事

8月12日号

「光の競演」3年振り

絵とうろうまつり

「光の競演」3年振り 文化

幻想的な回廊を演出

8月5日号

戦争への学び深めたい

市内中学生

戦争への学び深めたい 教育

広島平和記念式典に参列

8月5日号

市内でも感染者急増

新型コロナ

市内でも感染者急増 社会

前週比倍増で推移

7月29日号

キクラゲの出荷が最盛期

粟窪石川さん

キクラゲの出荷が最盛期 社会

10月頃まで続く

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook