伊勢原版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

JOC水泳競技大会 添田重樹さんが優勝 100m背泳ぎで

スポーツ

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena
メダルと賞状を手にする添田さん
メダルと賞状を手にする添田さん

 大阪府内で8月21日から26日まで開催された「全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会」で、伊勢原スイミングクラブ所属の添田重樹さん(笠窪在住/逗子開成中学校・高等学校3年)が、13歳〜14歳クラスの男子100m背泳ぎで優勝した。

 同大会で、100m背泳ぎと200m背泳ぎに出場した添田さん。大会4日目に行われた200mでは決勝に残れず悔しい思いをしていた。

 2日後に行われた100mには、全国から40人が出場。上位8人が決勝へ進め、添田さんは予選を全体の1位で通過した。

 「100mの方が得意なので、悔いが残らないよう、前半から全力で泳いだのが良かった」と話す通り、決勝では自己ベストを更新する58秒75で泳ぎ、優勝した。「2位の選手が小学校からのライバルで、初めて勝てて、優勝できたので嬉しい。支えてくれた家族やコーチ、顧問の先生、友人に感謝です」と笑顔で喜んだ。また「コロナ禍で大会を開催していただき本当に感謝している」と口にした。

コロナ禍も自宅の庭で練習

 昨年はコロナ禍で、同大会や全国大会が中止に。所属クラブでの練習も、秋までできず「不安はあったがモチベーションは下がらなかった。次に試合がある時まで準備しようと切り替えた」と振り返る。瀬戸大也選手が使っていたという畳2畳分ほどのプールを庭に設置し、身体を慣らす練習を繰り返した。

 3歳から水泳を続ける添田さん。「練習はきついが、大会で良い成績が残せると嬉しい。友人もたくさんできた」と魅力を語る。将来は「五輪をはじめ、インターハイや日本選手権に出られるような力をつけていきたい」と力強く語った。
 

伊勢原版のトップニュース最新6

日照り十分 順調な年

大山阿夫利神社

日照り十分 順調な年 文化

伝統の筒粥神事

1月14日号

杉山兄弟が上位独占

ロボットコンテスト

杉山兄弟が上位独占 社会

初出場の目視部門で栄冠

1月14日号

2部制で分散開催へ

成人式

2部制で分散開催へ 社会

10日 オンライン配信も

1月7日号

花火で「元気届け」

大田地区

花火で「元気届け」 コミュニティ社会

クリスマスの夜空彩る

1月7日号

12年に1度の稚児行列

日向薬師

12年に1度の稚児行列 文化

寅年の4月例大祭で開催

1月1日号

発展に向け新たな一歩

発展に向け新たな一歩 政治

新春市長インタビュー

1月1日号

積水ハウスの上質な建物を実感!

施主様のこだわりなど生の声も聴くことができる特別な見学会

https://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/14/3110020010/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook