藤沢版 掲載号:2011年10月14日号
  • googleplus
  • LINE

藤沢市産業振興財団 アプリ開発支援を強化 ベンチャー企業 藤沢への誘致に繋げる

経済

支援通じて、起業家、ベンチャー企業を藤沢へ呼び込むのが狙い
支援通じて、起業家、ベンチャー企業を藤沢へ呼び込むのが狙い

 (財)藤沢市産業振興財団(田中正明理事長)は先月、基本ソフト(OS)アンドロイドの普及を進めているOESF(オープン・エンべデッド・ソフトウエア・ファンデーション、東京都新宿区)から、八王子市に次いで国内2番目の「アンドロイドシティー」認可を受けた。OESFと連携しながら、アンドロイド用のアプリケーション開発を行う起業家や企業を支援し、市内への企業誘致に繋げる。

 今回の「アンドロイドシティー」認定は、起業家・ベンチャー企業支援のメニューとして、今年6月から検討をスタート。9月に認定を受けたことで、OESFと相互の事業ノウハウを活用し産業振興プログラムを推進、より強力な起業家支援が可能になった。

 プログラムを進める際、振興財団の強みとなるのが、09年12月から始めた「湘南リビングラボ」事業だ。製品開発支援メニューの一つで、製品開発し販売する前の段階で、専門家の調査員とラボに登録した市民がテスターとなり商品を試験するサービス。開発したアプリケーションが、スマートフォンなど、どの端末でも正常に作動するか、使いやすい設計になっているか、などをチェックし、開発者にフィードバックする。

 支援の核となる湘南リビングラボについては、携帯電話や電子機器のアプリケーションのユーザビリティの調査など企業らから10件の調査依頼を受注。この実績を活かしていく。

 中小企業の支援、地域の産業発展を目的に92年に設立した同財団は、ここ数年、起業家やベンチャー企業の支援に力を入れている。携帯用ゲームソフトの記録的なダウンロード数で成長を遂げた(株)パンカク(藤沢市)などは、支援企業の一つ。

 支援メニューも、低費用で事務所を提供するインキュベートルームや専門家による事業相談、ベンチャーファンドなどを用意する。

湘南リビングラボ活用

 「アンドロイドのアプリケーションは、27万本以上あるといわれている。起業して当たれば(収益も)大きいが、外れる人も多い。厳しい世界だが、起業家を支援していきたい」。認定を受けた同財団は、アンドロイドシティーを目指したきっかけをこう話す。

 「湘南リビングラボ、インキュベートルームの活用を通じて、企業誘致に繋げていきたい」としている。
 

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6件

学生と地域、つなぐ場に

小田急電鉄

学生と地域、つなぐ場に

3月16日号

「湘南サンズ」女子チーム結成

3人制プロバスケットチーム

「湘南サンズ」女子チーム結成

3月16日号

被災者の似顔絵描き続け

菖蒲沢在住杉山さん

被災者の似顔絵描き続け

3月9日号

沿線のPR拠点を一新

江ノ島電鉄

沿線のPR拠点を一新

3月9日号

藤沢出身2選手、躍進誓う

女子プロ野球

藤沢出身2選手、躍進誓う

3月2日号

打戻の古民家移築・保存へ

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

ピースウォークinふじさわ

一緒にウォーキングしながら、国際平和や社会貢献をPRしませんか。

https://www.peace-walk.com/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

平面・立体の面白さを

平面・立体の面白さを

鈴木滋子さんの作品展

3月13日~4月1日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク