藤沢版 掲載号:2017年2月10日号 エリアトップへ

かながわブランド 「湘南はまぐり」を登録 市内に生息 大ぶりで肉厚

社会

掲載号:2017年2月10日号

  • LINE
  • hatena
湘南はまぐりと葉山組合長
湘南はまぐりと葉山組合長

 良質で安全な県内産農林水産物などを登録する「かながわブランド」に、1月25日、片瀬から辻堂の海岸で育った「湘南はまぐり」が新たに認定された。県と生産者団体で構成される「かながわブランド振興協議会」が審査し、今回の登録で計92品目。ハマグリが承認されるのは初めて。 

◇ ◇ ◇

 市漁業協同組合によると、湘南はまぐりは7cm以上と大ぶりで、身は肉厚、風味豊かな味わいが特徴。粒が細やかで質の良い砂でなければ育たず、江の島に続く浅瀬の砂が生息に適しているという。

 登録を目指し、長年育成に取り組んできた同組合の葉山一郎組合長は「藤沢だけで獲れる、価値があるハマグリ。色、ツヤが良く『湘南しらす』と並ぶ『ふじさわ特産品』にも認定されている。今回の登録は大変嬉しい。注文が増えれば供給は大変になるが、たくさんの人に味わってほしい」と期待を込める。

ハマグリ復活へ 努力結実

 市漁協によると、ハマグリ漁は、県内では藤沢のみで行われ、水揚げ量は年間約5tに上る。

 今でこそ有数な生産を誇る藤沢のハマグリ漁だが、衰退に追い込まれた時期は長かった。1964年までは盛んに行われていたが、高度経済成長が進むにつれ、大量の工場排水などが河川を通じて海に流入。底質環境が悪化し、ハマグリが激減した。市漁協の葉山組合長は「悪い環境でも育つバカガイなどに漁獲対象を切り替えざるを得なかった」と振り返る。

 河川や下水道などの環境改善が進み、水質が復調したのは2001年以降。市漁協は「美味しいハマグリを何とか復活させたい」と、稚貝の放流事業を開始した。また、月2回前後、1回あたり300kg以内の漁獲規制も功を奏し、09年以降、水揚げ量が安定したという。

 今後の展開として、葉山組合長は「ハマグリを年中出荷できるように、5月ごろには漁協内に大きな水槽を設置したい」と話す。

 湘南はまぐりの販売は、同漁協(辻堂東海岸4の3の21)の朝市で3月1日(水)と、11日(土)以降の第2土曜、午前9時30分から。堀川網(本鵠沼3の11の37)でも購入できる。数が限定されるため、事前に同漁協【電話】0466・36・8220に連絡を。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

"動く交番"4月から運用

"動く交番"4月から運用 社会

石上交番廃止に伴い

3月5日号

ワクチン接種 見通せず

ワクチン接種 見通せず 社会

準備奔走も供給量少なく

3月5日号

「温室遺構」活用し再整備

江の島サムエル・コッキング苑

「温室遺構」活用し再整備 経済

日中の観光需要喚起へ

2月26日号

夜空彩るサプライズ

善行中

夜空彩るサプライズ 社会

卒業生へ保護者ら手向け

2月26日号

共生社会実現へ新遊具

共生社会実現へ新遊具 社会

秋葉台公園で3月供用開始

2月19日号

藤沢駅南口 再整備へ素案

藤沢駅南口 再整備へ素案 経済

歩道拡幅やデッキ改修想定

2月19日号

アクセントクロス専門店・ACS

2021年4月上旬オープン。先行予約受付中です!

https://accent-cloth.shop

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩くPJマップを配布

藤沢市

歩くPJマップを配布

掲載地巡るクイズラリーも

3月5日~3月21日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク