藤沢版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

高校生おもてなしコンテスト 山中さんが最優秀賞 藤沢総合の生徒が活躍

文化

(左から)上段:宮川さん、佐藤さん、松村さん、村田さん      下段:臼井さん、山中さん、岡崎さん(いずれも1年生)
(左から)上段:宮川さん、佐藤さん、松村さん、村田さん     下段:臼井さん、山中さん、岡崎さん(いずれも1年生)
 「高校生外国人『おもてなしアイデア』コンテスト」の入賞者が11月17日、発表され、藤沢総合高校の山中美優さんが最優秀賞に選ばれた。同校からはチャレンジ賞にも6人の生徒が選ばれた。

 外国人観光客が増加する中、次世代に観光分野への関心を高めてもらおうと、神奈川県と県内4大学が設置する、かながわ観光大学推進協議会が主催する事業。3回目となる今年は、県内の高校生から414件のアイデアの応募があった。

 山中さんは「江ノ電で巡ろう!御朱印探しの旅」のタイトルで、日本人2人と外国人3人のグループが江ノ電で神社仏閣を巡り、どこの神社の御朱印を集められたか発表する企画を作成。趣味の「御朱印集め」をヒントに中学の新入生歓迎会で行われていた「江ノ電すごろく」と掛け合わせて、藤沢・鎌倉の文化や歴史を紹介しようと考えた。審査員からは御朱印を集めるだけでなく、グループで共に巡るという点が高く評価された。

 山中さんは、「多くの人が御朱印集めを楽しむにはどうすれば良いか悩んだ。帰国後も日本に来たことを思い出してくれたら嬉しい」と喜びを語った。

 また、チャレンジ賞にも、6人が入選を果した。臼井柚花さん「御朱印めぐり〜相模五社の巻〜」、佐藤幸二さん「藤沢の”二面性”と歩く」、岡崎菜津さん「楽しく学べる鎌倉さんぽ」、宮川芽依さん「鎌倉と日本の暮らしを体験するホームステイ」、松村太陽さん「藤沢駅から1Km以内の究極の日常体験」、村田創信さん「海ノ男ノすゝめ」。生徒からは、「賞を取れると思わなかったので驚いた」、「自分が参加しても楽しいと思えるものが、高く評価されたことがとても嬉しい」、「歴史や日本語、町のメリットやデメリットなど知ってほしいと思ったことが審査員に伝わって良かった」などの声が上がった。

藤沢版のトップニュース最新6件

十二神将立像を重文指定

藤沢市

十二神将立像を重文指定

2月16日号

五輪に向け予算拡充

藤沢市

五輪に向け予算拡充

2月16日号

安全なまちづくりで表彰

湘南大庭地区防犯協会

安全なまちづくりで表彰

2月9日号

最優秀タッグに認定

藤沢市出身諏訪魔選手

最優秀タッグに認定

2月9日号

人気に嬉しい悲鳴

藤沢初のまちゼミ

人気に嬉しい悲鳴

2月2日号

初の大規模リニューアル

テラスモール湘南

初の大規模リニューアル

2月2日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク