藤沢版 掲載号:2018年5月25日号
  • LINE
  • はてぶ

VOL.140 「自助・共助・公助」

 内閣府が発行している『平成29年度版防災白書』に「自助・共助による事前防災」について掲載されています。要約すると「我が国は自然災害が多いことから、(中略)災害時には公助による取組を続けているところであるが、(中略)大規模災害が発生した場合には、公助による支援だけでは限界がある」とし、「事実、阪神・淡路大震災では、7割弱が家族を含む自助、約3割が隣人等の共助により救出されているという調査結果もある」ことから、「国民一人一人が防災意識を高め、災害を他人事ではなく自分事として捉え、発災時には近所の人と助け合う等の「自助・共助」も必要である」としています。

 自助とは「自分のことは自分で助けること」、共助とは「家族や地域のコミュニティ等で共に助け合うこと」、公助とは「自助や共助で解決できない問題について、公的機関が支援すること」です。

 これは何も防災意識だけではなく、税に関しても言えるのではないでしょうか。個人やコミュニティでは整備できないインフラなどを税金で賄い、私たちの生活を守り助けています。そして、自助・共助の意識の下に納められた税金が、公助という形で使われています。

 暮らしをより良くしていくために、私たち社会の構成員同士が互いに助け合うことは、税を納める意義とも言えるのではないでしょうか。

藤沢版のコラム最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

藤沢宿をアートで彩る

藤沢宿をアートで彩る

国内外の作品を展示

10月6日~10月28日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク