藤沢版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

藤 沢商議所 「キャッシュレス化」促進へ 会員向けに設備導入プラン

経済

 藤沢商工会議所(増田隆之会頭)は12月21日、会員企業などに対してクレジットカードや電子マネーなどを使った決済システムの導入を後押しする特別プランを用意したと発表した。鎌倉商工会議所(久保田陽彦会頭)と連携し、全国に先駆けた「キャッシュレスシティ」を目指すという。

 藤沢市内の対象は同商議所、観光協会、市内商店会の会員事業所。プラン導入に先立って同日、両商議所とシステムを手掛けるNTT東日本、(株)ネットスターズの4者が協定を締結した。

 背景には、政府が国レベルで推進するキャッシュレス化の動きがある。労働者人口の減少に対応する生産性の向上は国レベルでの課題となっており、政府は現状の18%から2025年には40%、将来的には80%の導入率を目指している。昨年7月には経済産業省を中心とした産官学の推進協議会が発足した。

 ただ、全国のキャッシュレス化を巡っては、初期投資や決済手数料の負担が事業所の重荷になり、思うように進んでいない実情がある。一方、今年10月に予定される消費増税時にはキャッシュレス決済によるポイント還元も予定されており、環境整備は急務だ。

 そこで4者が協定を締結することにより、事業所の初期費用負担をゼロにすることや、決済手数料で優遇措置を設けるなど、時限付きの特別プランを実現。両商議所の会員企業約5400社のスケールメリットを生かし、全国に先駆けてモデルケースを発信する考えだ。

 同日の記者会見で増田会頭は「キャッシュレス化は中小企業の生産性を高めることにつながる。鎌倉商工会議所とともにキャッシュレスシティの実現を目指したい」と決意を述べた。

 同商議所によると特別プランに関しては、クレジットカード、電子マネー、QRコードの3タイプの決済ができる専用端末代約10万円も含まれる。期限は4月末の申し込み分まで。同商議所では500社の導入を目標に掲げている。

キャッシュレス端末をアピールする増田会頭。右がクレジットカード、電子マネー、QRコード対応版、左が電子マネー、QRコードのみのタイプ
キャッシュレス端末をアピールする増田会頭。右がクレジットカード、電子マネー、QRコード対応版、左が電子マネー、QRコードのみのタイプ

藤沢版のトップニュース最新6件

学生経営「インターン酒場」

約500Km 巡礼の旅へ

別荘文化の歴史 今に

新たな顔ぶれ決まる

県議選藤沢市

新たな顔ぶれ決まる

4月12日号

下野さんが日本新

マスターズ水泳

下野さんが日本新

4月5日号

藤沢駅周辺で駐輪場シェア

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

永井ゆずる「愛せる藤沢」

平成31年度の予算審議で質問しました。ホームページをご覧下さい。

http://nagaiyuzuru.na.coocan.jp/index.html

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク