藤沢版 掲載号:2019年3月1日号 エリアトップへ

認知症患者、アプリで捜索 市民参加型で社会実験

社会

掲載号:2019年3月1日号

  • LINE
  • hatena
アプリ「SOY LINK」を利用し捜索
アプリ「SOY LINK」を利用し捜索

 認知症行方不明者の早期発見のため、スマートフォンの専用アプリ「SOYLINK(ソイリンク)」を使った市民参加型の社会実験「ウルトラ見守りチャレンジ」が3月8と9の両日、明治・辻堂地区で実施される。企業や社会福祉法人、地域住民が協働で参加する取り組みで、主催者は広く市民の参加を呼びかけている。

 主催は明治・辻堂地区各委員とメルシャン工場、SOY LINK(パナソニック)、ラポールグループで結成される実行委員会(海東保文実行委員長=人物風土記で紹介)。藤沢市が共催する。

 認知症行方不明者は年々増加傾向にあり、発見の遅れが生死に関わることから全国的な社会課題となっている。警察庁によると、全国で年間1万5千人を超えており、2017年は1万5863人だった。

 今回の実験では、ブルートゥース型電波発信機「見守りタグ」を持った認知症行方不明者役35人を、アプリを起動させたスマートフォンが感知し、いかに効率的に早期発見できるかを検証する。

 アプリ利用者には、行方不明者の捜索願いが出されると捜索依頼が配信される。各々が捜索モードをオンにすると半径10〜30m以内のタグ情報が自動で検知され、特定された位置情報が家族に通知される仕組みだ。実名登録をした正規会員登録者(メンバー)には行方不明者の特徴などが書かれた情報が配信され、それを元に捜索活動に参加も可能。簡易的な登録者(サポーター)は捜索モードをオンにするだけで参加できる。

 現在、市内のメンバー登録者は約1400人。今回の検証では通常の生活を続けながら参加できるサポーターの増加を目指している。同実行委員は「多くの市民に気軽に参加してもらい、認知症について正しく理解するきっかけになれば」と話している。

 各日午前10時からと午後4時からの2回、参加対象者は藤沢市に在住・在勤・在学のスマートフォンを持っている人。9日には湘南モールフィルを会場に模擬捜索訓練も同時開催される。また各日35人の発見者に抽選でプレゼントもある。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

自転車で米国を縦横断

善行在住市川榮一さん

自転車で米国を縦横断 スポーツ

足かけ3年75歳で達成

6月14日号

海洋プラごみ 削減を

海洋プラごみ 削減を 社会

県が湘南港に回収装置

6月14日号

待機児童10人減も164人

待機児童10人減も164人 社会

県下で突出、解消遠く

6月7日号

聖火、来年6月藤沢に

聖火、来年6月藤沢に 社会

江の島などで式典も

6月7日号

「脱プラ」推進の拠点に

「脱プラ」推進の拠点に 社会

プロダイバーがエコストア

5月31日号

ドローンで復旧迅速に

ドローンで復旧迅速に 社会

市と建設業協会が協定

5月31日号

宮川さん初のW杯代表に

女子サッカー

宮川さん初のW杯代表に スポーツ

「ずっと憧れていた場所」

5月24日号

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク