藤沢版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

育てた花、五輪会場に テストイベント向け種まき

教育

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
アサガオの水やりをする児童
アサガオの水やりをする児童

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が、東京五輪期間中に全競技会場の入り口を子どもたちが育てた花で彩る「フラワーレーンプロジェクト」を実施する。今夏行われるテストイベントに向け17日、村岡小学校でアサガオの種まきが行われた。

 同プロジェクトは、会場入り口のセキュリティーエリアで手荷物検査を待つ観客の列をアサガオの鉢植えで区切るもの。一般的には金属製のフェンスやベルトパーテーションが用いられるが、子どもたちに五輪への参加意識を高めてもらおうと、導入することが決まった。花は子どもたちが種をまき育て、応援や歓迎のメッセージも添えられる。

 同委員会では、大会本番に先立ちテストイベントを実施。8月17日から22日まで江の島ヨットハーバーで開催されるセーリングの会場入り口を彩るため、村岡、八松、高砂の3校でアサガオを育てることになった。

 17日に村岡小学校で行われた種まきには、同校の5年生と特別支援学級の生徒102人が参加。同委員会警備局警備予算課長で同校卒業生の小島良一さんが来校し、東京五輪についてクイズ形式で紹介したほか、「アサガオは外国人に人気のある花。緑があると自然にも優しいし、気持ちもリラックスする。小学生ができるおもてなしをしよう」と呼びかけた。

 「植育」の授業ではアース製薬の職員が害虫の駆除や水やりのコツなどを教え、「一年生のときに育てたと思うけど、もっときれいな花を咲かせてみよう」と話した。その後、児童の手で種まきが行われ、東京五輪マスコットのミライトワとソメイティが見守るなか、植木鉢に培養土を盛り、穴をあけて種をまき、水やりをした。

 5年生の古井丸空澄くんは「育てた花が会場で使われるのはうれしいし、思い出になる。休み時間に見に行って、虫がついていないか気を付けて育てたい」と話し、藤内美穂教頭は、「貴重な機会になった。これから始まる世界の勉強につなげていきたい」と語っていた。

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

「五頭龍と弁天伝説」後世に

「五頭龍と弁天伝説」後世に 文化

日本財団「海ノ民話」に認定

7月10日号

辻堂市民センター来夏新装

辻堂市民センター来夏新装 社会

消防出張所など集約

7月10日号

「スクールロイヤー」 設置へ

「スクールロイヤー」 設置へ 教育

いじめ対応など弁護士助言

7月3日号

プラごみ削減で3者連携

藤沢市

プラごみ削減で3者連携 社会

ローソン、アパレルが協力

7月3日号

消費喚起へ商品券

消費喚起へ商品券 経済

「3割お得」11月販売へ

6月26日号

位置づけ「広場」に

藤沢駅北口デッキ

位置づけ「広場」に 社会

来年4月から条例施行

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フランス人画家個展

フランス人画家個展

鵠沼海岸で19日まで

7月2日~7月19日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク