藤沢版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

大イチョウ、台風で折れる 遊行寺のシンボル、関係者悲嘆

社会

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
幹が折れ、痛ましい姿の大イチョウ(=14日、西富)
幹が折れ、痛ましい姿の大イチョウ(=14日、西富)

 西富の遊行寺境内にある市の天然記念物「大イチョウ」が台風19号による強風で折れたことが分かった。幹が大きく割け、一部が折損。境内のシンボルとして親しまれていた巨木の痛ましい姿に、関係者からは悲嘆の声が上がっている。同寺によると今後専門家による調査を経て、修復と再生を試みるとしている。

 大イチョウの樹高は約21m、市内でも最も太い木で幹回りは約7mある。樹齢は700年を超え、1971年には市の天然記念物に指定。晩秋に枝先を彩る黄葉は美しく、地域の風物詩としても親しまれてきた。

 庶務執事の舘野善道さんによると、12日午後8時30分頃、地響きのような「ドーン」という音が聞こえてきた。境内を確認するとイチョウの一部が縦に割け、幹ごと倒れていた。「前回の台風15号は持ちこたえたので、まさかあれほど被害が出るとは。言葉も出なかった」。翌早朝、僧侶ら総出で枝などを撤去したという。

 幹は一部内部が腐食しており、割けた部分が露になっている。14日、境内で和菓子を販売している80歳の女性は「子どもの頃から当たり前にあった木。こんな痛ましい姿になってしまって泣くに泣けない」、墓参りで訪れていた戸塚区在住の40代女性は「木陰は憩いの場で、昔は東海道を旅した人も足を休めたのだと思う。本当に残念」と話した。

 イチョウが枯れずに済むかは不明だが、今後樹木医などに診断を依頼し、対応を検討するという。舘野さんは「40年前にも台風で同様の被害があったが無事再生した。700年来の樹木。生命力を信じたい」と話した。

一時4千人が避難

 大型で強い台風19号は市内でも猛烈な風雨をもたらした。市は12日午前10時15分に河川周辺や沿岸部などに避難勧告を発令。小中学校や市民センターなど市内計74カ所で避難所が開設され、最大で一時約4千600人が身を寄せた。市によると台風による強風で2人が軽傷、建物一部損壊が33件など被害があった。

藤沢版のトップニュース最新6

「スクールロイヤー」 設置へ

「スクールロイヤー」 設置へ 教育

いじめ対応など弁護士助言

7月3日号

プラごみ削減で3者連携

藤沢市

プラごみ削減で3者連携 社会

ローソン、アパレルが協力

7月3日号

消費喚起へ商品券

消費喚起へ商品券 経済

「3割お得」11月販売へ

6月26日号

位置づけ「広場」に

藤沢駅北口デッキ

位置づけ「広場」に 社会

来年4月から条例施行

6月26日号

「オール藤沢」で安全確保へ

「オール藤沢」で安全確保へ 社会

海水浴場中止で独自ルール

6月19日号

ひとり親家庭に独自支援

藤沢市

ひとり親家庭に独自支援 社会

現金給付で商品券など

6月19日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フランス人画家個展

フランス人画家個展

鵠沼海岸で19日まで

7月2日~7月19日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク