藤沢版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

ヨットの行き先どうする 五輪延期で調整課題

社会

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena
ヨットの移動が済み、仮設施設の建設が進む江の島ヨットハーバー
ヨットの移動が済み、仮設施設の建設が進む江の島ヨットハーバー

 東京五輪パラリンピックが来夏に延期されたことを受け、セーリング競技会場の江の島ヨットハーバーで課題が浮上している。大会開催のため、保管されているヨット約700艇のうち、9割はすでに移動が完了。保管し続けるか、一度戻すにしても調整が難航する可能性があり、関係者が頭を悩ませている。

 県セーリング課によると、同ハーバーには小型ヨット578艇とクルーザー131艇が保管されており、2月までに635艇を県内外のハーバーに移動。残りも大会前までに移動し、終了後の10月に戻す予定だった。

 担当者は新型コロナウイルス感染拡大を念頭に「(延期の決定に)戸惑いはあったが、やむを得ない。本番まで再度調整を進めたい」と話す。

 ただ、ヨットの移動を巡っては複数回にわたる利用者との話し合いや受け入れ先のハーバーとの調整など3、4年かけて準備を重ねてきた。保管先に預けたままの場合、あと1年以上利用者は湘南港を使えず、個別交渉も必要になる。「『湘南港に戻りたい』という声もすでにあり、利用者への理解をどう求めるかが大きな課題」と担当者。

 一方、一度江の島にヨットを戻すとなれば現在同ハーバーで建設が進む仮設施設を撤去しなくてはならない上、来夏に向け再び移動を余儀なくされる。運搬費や艇置費は東京都が負担するとはいえ、膨大な作業負担は避けられない。

 今後の方針は大会組織委員会の決定を受けて判断するといい、「これまでと同じように一つ一つ課題をクリアしていく。一生懸命やっていくしかない」と話した。

ふじさわ湘南ロータリークラブ

藤沢の子どもたちの成長を応援します

https://fujisawa-shonan-rotary.org/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

3海水浴場 今夏開設断念

3海水浴場 今夏開設断念 社会

県ガイドライン「遵守困難」

6月5日号

新しい生活様式、学校でも

新しい生活様式、学校でも 教育

分散登校、感染症対策も徹底

6月5日号

オンラインでピアノ競演

市内在勤高木さん

オンラインでピアノ競演 文化

全日本コンクールを企画

5月29日号

分散登校で週明け再開

藤沢市立小中学校

分散登校で週明け再開 教育

夏休みは2〜3週間に短縮

5月29日号

一部営業再開へ

テラスモール湘南

一部営業再開へ 経済

食物販中心に25日から

5月22日号

コロナ対策に459億円

コロナ対策に459億円 社会

藤沢市が補正予算

5月22日号

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク