藤沢版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

「オンライン学習」推進へ 環境整備急務 課題も

教育

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena

 小中学校の一斉休校が続く中、藤沢市教委はインターネットを活用したオンライン学習の環境整備を急いでいる。長期化する家庭学習を後押しする目的で、中学校では近く教員と生徒がオンライン上で学習や生活相談などができるシステムを先行導入する。ただ、ネット環境がない家庭の対応や学校での運用方法など、実用化に向けては課題も多い。

 市教委は先月28日、5月6日までとしていた休校期間を同31日まで延長。8日からは中学校で、11日からは小学校でも順次追加課題のプリント配布を始めた。

 オンライン学習最大のメリットは、教員と児童生徒が双方向にコミュニケーションが取れる点だ。市教委では、チャット機能などを備える専用アプリ「ジースイート」を活用。実用化されれば、学習につまずいたときも自宅にいながらパソコンやタブレット端末を介して質問や相談をすることができる。

 連休前までの課題は復習が主だったが、連休明けからは授業で学んでいない単元も一部盛り込まれるようになり、学習の効率化が期待される。一方、導入にはICT(情報通信技術)環境の整備が欠かせない。家庭のネット環境の有無で、学習機会の格差を生んでしまう可能性があるからだ。

 市教委は1日、小中学校の保護者に向けてICT環境に関するアンケートを実施。パソコンやタブレット端末、スマートフォンの有無などを訪ねたところ、7日までに回答した2万4568人の内、3・6%にあたる891人が「ネットがない」と答えた。市教委は「ネット環境がない場合には学校のパソコンルームを開放するなど、早急に対策を講じていく」と話す。

遠隔授業は「検討」

 文科省は、全国的な休校長期化を背景に「遠隔授業」を見据えた通信環境のハード面での支援策を進める。小中学生に140万台以上のルーター貸与や、「1人1台」とする通信端末の整備計画を23年度から20年度中に前倒した。

 ただ、支援策があっても当面のコロナ対応に追われ、オンライン学習などの対応が進まない学校も多い。市教委は「まずは休校期間が長引く中でどう学習機会を確保していくか。オンライン上の授業などは今後の検討課題」とした。

藤沢版のトップニュース最新6

「第3波」か 感染者急増

新型コロナ

「第3波」か 感染者急増 社会

ピーク時上回る勢い、市警戒

11月20日号

冬の観光「分散型」へ

藤沢市

冬の観光「分散型」へ 経済

期間や会場拡大で3密回避

11月20日号

“次世代型の移動”検証へ

“次世代型の移動”検証へ 経済

来年3月まで実証実験

11月13日号

広がれ「母乳バンク」の輪

広がれ「母乳バンク」の輪 社会

藤沢に県内唯一の登録施設

11月13日号

保育士不足 市内でも深刻

保育士不足 市内でも深刻 社会

待機児童減も現場負担増

11月6日号

観光客動向 スイカで調査

藤沢市

観光客動向 スイカで調査 経済

JR東と連携しデータ分析

11月6日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク