藤沢版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

藤沢市 ひとり親家庭に独自支援 現金給付で商品券など

社会

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena

 藤沢市は6月の補正予算案にコロナ禍で経済的に困窮しているひとり親家庭など児童扶養手当受給世帯に対し、独自の支援事業を盛り込んだ。生活保護受給世帯を除く対象に現金給付として6万円(3万円×2回)、全対象に現物給付として地元商品券などを配布したいとしている。

 市では4月に出された緊急事態宣言による休業や就労機会の損失による家計への影響が大きいと判断。特に、ひとり親家庭など児童扶養手当受給世帯に対してはより深刻な状況と捉えた。

 給付時期は、児童扶養手当の定期支給される奇数月ではない、8月と10月の2回を予定。対象となる世帯数は現金給付が8月で2000、現物給付が2300、10月は同様に2100と2350とし、事業費はおよそ1億4700万円を見込んでいる。

 市の独自色を打ち出したのが現物給付。現金給付を生活費の補填として位置付ける一方、現物給付は子どもたちに直接届く支援として考えた。内容は、現在、コロナ禍対策として地元経済団体が発行している地域飲食店などで使える商品券や、地元レジャー施設で使えるチケットを想定。担当する子ども青少年部では「現物給付は子どもたちと一緒にご家族で楽しむために使ってもらえれば」と話す。

福祉と経済、一体で

 今回の現物給付に関しては、地域経済活性化の一助としたい考えもある。同部の宮原伸一部長は、目の前の必要な支援に加え、地域経済の回復を促すことが、就労機会の創出などにつながり、家計収入の改善になるとし、「今後も福祉と経済を一体的に考えていきたい」と話した。

藤沢版のトップニュース最新6

飲食店へ「つなぎ融資」

藤沢市

飲食店へ「つなぎ融資」 経済

上限100万円 2月26日まで

1月22日号

「コロナ退散」願い流鏑馬

「コロナ退散」願い流鏑馬 社会

5月、片瀬海岸西浜で初開催

1月22日号

感染拡大 止まらず

藤沢市

感染拡大 止まらず 社会

累計1100人超 年末から急増

1月15日号

性犯罪根絶へ法改正を

性犯罪根絶へ法改正を 社会

藤沢市議会が意見書可決

1月15日号

前人未到、15連覇を達成

湘南台高校

前人未到、15連覇を達成 文化

マーチング全国大会で

1月8日号

成人式 オンライン配信に

藤沢市

成人式 オンライン配信に 社会

感染リスク考慮 代替の場検討へ

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク