藤沢版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

「コロナ退散」願い流鏑馬 5月、片瀬海岸西浜で初開催

社会

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena

 頼朝公にあやかり、コロナ退散――。片瀬海岸西浜で5月、流鏑馬が初開催される。かつて天下泰平を祈願する神事として行われた流鏑馬を通じ、新型コロナウイルスの終息を願うとともに新たな観光資源創出を目指す。関係者らは「藤沢の観光を盛り上げる契機に」と意気込んでいる。

 開催予定日はゴールデンウィーク後の5月8日に設定。当日は江島神社で神事とコロナ退散祈願を行い、島内参道と西浜で参列者が時代衣装を身にまとう武者行列を実施する。流鏑馬は新江ノ島水族館前に約300mの馬場を設置し、射手が勇壮な古式弓馬術を披露する予定だ。

 企画は江島神社の相原圀彦宮司と市観光協会の湯浅裕一会長が長年温めてきた。流鏑馬は6世紀が起源とされ、一時衰退するも源頼朝が天下泰平の神事として復活。江の島岩屋には頼朝が度々戦勝祈願に訪れたとの言い伝えも残る。「コロナに打ち勝つ」との願いを込めた流鏑馬は、コロナ禍で疲弊する地域を盛り上げるのにふさわしいとして、開催に向けた地元の機運が高まった。

 昨年11月には同神社や市観光協会、市、地元団体などから成る実行委が発足。今後コロナ対策のための消毒やソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保など感染予防対策も検討する。

 神事は午前10時に始まり、計60人が練り歩く武者行列では、ふじさわ観光親善大使のつるの剛士さんを頼朝役に、鈴木恒夫市長や増田隆之商議所会頭らが重臣役を務める。湯浅会長は「暗い雰囲気を覆し、皆を元気にしたい。今後新たな観光事業として定着させていければ」と話した。

藤沢版のトップニュース最新6

藤沢に家裁出張所を

藤沢に家裁出張所を 社会

来月、市民会館でシンポ

11月26日号

スケボー施設 2年後一新

スケボー施設 2年後一新 スポーツ

民間資本活用、事業者決まる

11月26日号

完全優勝で全日本11連覇

完全優勝で全日本11連覇 スポーツ

日大馬術部が初の快挙

11月19日号

展示体験棟が完成

江の島サムエル・コッキング苑

展示体験棟が完成 経済

温室遺構活用し観光活性

11月19日号

テラスモール湘南が10周年

テラスモール湘南が10周年 経済

賑わいの拠点、成長続け

11月12日号

介護美容で高齢者元気に

介護美容で高齢者元気に 社会

横須さん市と連携し体験会

11月12日号

1周年記念 特別大感謝セール

11月23日㈫~11月29日㈪まで全品10%オフ!

https://baniku.thebase.in/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook