藤沢版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

StudioHANA! 頂点目指し、いざ世界へ ヒップホップダンスで5チーム

スポーツ

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
世界大会メガクルー部門で優勝したこともある「KANA-BOON!ALLSTAR」のメンバーら
世界大会メガクルー部門で優勝したこともある「KANA-BOON!ALLSTAR」のメンバーら

 ヒップホップダンスの世界大会出場を懸けた「オール・ジャパン・ヒップホップ・ダンス・チャンピオンシップ2021」が3日、よこすか芸術劇場で開催され、「Studio HANA!」=辻堂神台=所属の5チームが切符をつかんだ。次なる目標は世界の頂点。8月に米アリゾナ州で行われる大会に向け、選手らは意気込んでいる。

 大会は人数や年齢ごとに区分が異なる計6部門が行われ、パフォーマンス力や技術力など厳しい採点基準でトップを競う。昨年はコロナ禍で中止となったが、2年ぶりとなった今大会にはのべ約200人が参加した。

 同ダンス教室は2019年の世界大会メガクルー部門(15〜40人)で日本勢としては初の優勝を達成するなど国内屈指の名門として知られる。

 日本大会では「KANA―BOON!Jr.」がジュニア部門(7〜13歳)、「KANA―BOON!」がバーシティ部門(13〜18歳)、「KANA―BOON!ALLSTAR」がメガクルー部門、「LAST CHANCE」がオーバー40部門で優勝。「MONSOON!」がジュニア部門で3位入賞した。

 中でもKANA―BOON!は日本大会6連覇、ALLSTARは10点満点中9・18の高得点をマークする圧巻ぶり。大一番でも安定した演技を見せつけた。大会を振り返ってKANA―BOON!の島雄こなつさん(17)は「今年初めてメンバーになる子も多くて不安もあったが、今までで一番いい踊りができた」。

 世界大会は「ヒップホップの五輪」とも称され、50数カ国から各国代表が集まる。Jr.でメガクルーにも出場する西村友翔さん(13)は「今の練習の成果を出し切って絶対優勝したい」、オールスターチームリーダーの上田祐凪さん(17)は「去年はコロナで出場できず悔しい思いをした。自分は今年が最後なので、最高の作品にしたい」と意気込みを語った。

     ◇

 同教室による公演「笑涙夢(ERUMU)ランド」が4月29日(祝)、湘南台文化センター市民シアターで開かれる。世界大会優勝チーム率いるプロジェクトメンバーや講師陣が音楽と共にショーを披露する。

 観覧料3000円。昼の部完売。夜の部は午後5時30分から7時30分。問い合わせはStudioHANA!【電話】0466・36・2243へ。

藤沢版のトップニュース最新6

江の島観光を仮想空間で

江の島観光を仮想空間で 社会

コンテンツの運用開始

5月7日号

世界が認めるビーチに

世界が認めるビーチに 社会

「ブルーフラッグ」民間初

5月7日号

「危険なバス停」市内に23

「危険なバス停」市内に23 社会

国交省が調査結果公表

4月30日号

5月10日、接種予約開始

藤沢市

5月10日、接種予約開始 社会

85歳以上2万人が対象

4月30日号

生理用品を無償提供

藤沢市

生理用品を無償提供 社会

困窮する女性ら支援

4月23日号

入院患者へ接種開始

入院患者へ接種開始 社会

11病院へワクチン配布

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter