藤沢版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

藤沢市立小中学校 統合や学区見直しも 規模適正化へ素案

教育

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena

 少子化や施設の老朽化などを念頭に学校規模の適正化を図る「藤沢市立学校適正規模・適正配置に関する基本方針」について、市教育委員会は8日までに基本的な考え方をまとめた素案を作成した。将来的な通学区域の見直しや学校間の統合、小中一貫型学校の設置なども視野に検討を進めるとしており、今後パブリックコメントなどを経て来年3月までに策定する。

「小中一貫校」も視野

 同日の藤沢市議会9月定例会子ども文教常任委員会で市が報告した。

 資料によると、市立小学校の児童数は4月現在約2万3千人、市立中学校の生徒数は約1万人。推計ではいずれも今後数年間ほぼ横ばいの状態が続くが、その後徐々に減少し2055年には今年度比で小学校が16%(約3700人)、中学校が19%(約2100人)減少するとしている。

 素案では、少子化に伴う将来的な学級数の減少が見込まれる一方、一部学校では人口集中による過大規模化が進み、地域間で差が生じていると報告。そこで国のガイドラインなどを踏まえ、学校規模の目安となる基準を設定。小中学校ともに12〜24学級を「適正規模」とし、31学級以上の過大規模校と11学級以下の小規模校の解消を喫緊の課題と位置付けた。

辻堂小と鵠洋小「過大」

 5月現在で過大規模校は辻堂小(35学級)と鵠洋小(同)。小規模校は小学校では中里小(11学級)、中学校では大清水中(9学級)、秋葉台中(10学級)、長後中(同)が該当する。また2040年の推計では辻堂小が過大規模校、中里小と小糸小が小規模校、中学校19校のうち9校が小規模校と見込んだ。

 過大規模校・小規模校の対応としては通学区域の見直しのほか、小学校については隣接する学校間の距離が1Km以内で将来的にいずれかの学校が適正規模を下回る場合、統合を検討する。また隣接する小中学校間の距離が概ね1Km以内で、教育効果や地域課題の解決などが期待できる場合、施設一体型を基本とする小中一貫教育化を検討するとした。

 学校規模の適正化などを巡って市教委は5月、学識経験者や地域住民、保護者、学校関係者から成る検討委員会を設置。今後同検討委の答申やパブリックコメント(市民意見募集)などを経て基本方針を最終案としてとりまとめ、来年3月までに策定を目指す。
 

藤沢版のトップニュース最新6

「触れる彫刻展」続け30回

白旗在住桒山さん

「触れる彫刻展」続け30回 文化

24日まで市民会館で開催

10月22日号

消費喚起へ電子商品券

消費喚起へ電子商品券 経済

来月1日から購入受付

10月22日号

いじめと人権、考え深め

いじめと人権、考え深め 教育

湘洋中で弁護士が授業

10月15日号

市民オペラ 来春開催へ

市民オペラ 来春開催へ 文化

コロナで延期、練習本格化

10月15日号

現元の三つどもえか

衆院選神奈川12区

現元の三つどもえか 政治

日程前倒しで臨戦態勢へ

10月8日号

DX推進 年内加速へ

藤沢市

DX推進 年内加速へ 社会

知見求め、民間人材任用

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook