神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2021年10月8日 エリアトップへ

藤沢市 DX推進 年内加速へ 知見求め、民間人材任用

社会

公開:2021年10月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

 藤沢市は市民生活の質向上を目指す「スマートシティ」や「デジタル市役所」の実現に向け、DX(デジタルトランスフォーメーション)の知見、経験をもった民間人材を「DX推進プロデューサー」として公募している。任用後は年内に「市DX推進本部会議(仮称)」を設置、取り組みを加速させる。

 市は今年度当初予算にデジタル推進事業費として約4千万円を計上。新たに推進室を設置し、スマートシティーとデジタル市役所の実現に取り組んでいる。今回の公募では、他の職員採用を含めた関連事業費約600万円を9月の補正予算に計上し、可決された。

 スマートシティーはICT技術やビッグデータの活用し、社会課題の解決や経済、観光の活性など、市民生活の質の向上を目指す取り組み。市はコミュニティー、パートナーシップ、テクノロジーの3つを柱に掲げ、産官学民と連携しながら進めていきたいとしている。

 デジタル市役所では、国の自治体DX推進計画に基づき、行政手続きのオンライン化や内部事務効率化、また人材育成などの藤沢モデル構築を図るとしている。

 DX推進プロデューサーはDX推進の助言や人材育成に携わる。年内に設置予定の和田章義副市長をトップに各部長などで構成される市DX推進本部会議(仮称)に、補佐官として参加する。

 同会議ではこれまでの取り組みの共有や今後の計画を定める。来年2月の市議会定例会で、スマートシティーは基本方針を、デジタル市役所では計画を報告する。

 公募は非常勤の副業としてで、応募受付は10月24日(日)まで。

藤沢版のトップニュース最新6

即席応援団に再び光

日大藤沢サッカー部

即席応援団に再び光

スポーツマンシップに賞

7月19日

“赤いじゅうたん”育み15年

“赤いじゅうたん”育み15年

小出川彼岸花団体に栄誉

7月19日

搬送数昨年比7件増

熱中症

搬送数昨年比7件増

暑さ避け水分補給を

7月12日

踏切道廃止で安全確保へ

藤沢本町駅周辺整備

踏切道廃止で安全確保へ

市が8年後の完成目指す

7月12日

官民協働 未来のまちへ

湘南大庭地区

官民協働 未来のまちへ

活性化指針、素案まとまる

7月5日

ファン支援で“ホピ子”復活

ファン支援で“ホピ子”復活

葛原から再びレースの頂へ

7月5日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催 

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202308/57162.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook