神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2023年3月31日 エリアトップへ

江の島観光に「家康」 当時の食事再現しツアー企画

経済

公開:2023年3月31日

  • X
  • LINE
  • hatena
「家康が食した江の島飯」をイメージした試食
「家康が食した江の島飯」をイメージした試食

 藤沢市観光協会は、歴史を生かした観光活性の取り組みとして、大河ドラマでも話題の「徳川家康」を切り口とした観光ツアーを企画している。目玉には歴史資料をもとに再現した「家康が食したであろう江の島御膳」を組み込む予定。今年のスタートを目標に半年かけて試行錯誤を重ね、24日に島内で初の試食会が開催された。

 「あわび」「さしみ 鯛うど短冊」「鯛そぎ切 しらが大根ぬたあえ」。昨今魚は尤(もっとも)沢(たく)山(さん)にして飽(あき)みちぬ振舞の如(ごと)し――。

 江戸時代に記された紀行文「十方庵遊歴雑記」には、物語「浦島太郎」で海中の楽園として描かれた竜宮城のようなうたい文句とともに、江の島の宿で出されていた食事が記載されている。

 冒頭の料理に、家康が好んだとされる「天ぷら」「麦飯」などを加え、試作されたのが家康御膳。市観光協会は「歴史を見聞きするだけでなく、食という特別な体験で観光の楽しみを深めてもらえれば」と話し、「江の島は、昨年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に続き、今年の『どうする家康』の家康公および徳川家とも縁深い地。この機会に新しい藤沢観光のコンテンツを提供できれば」と期待を寄せる。

 徳川家康の侍医、板(いた)坂(ざか)卜(ぼく)斎(さい)が記した「慶長年中記」によると、家康は関ヶ原の戦いの最中の1600年6月、藤沢御殿で宿泊の後、江の島を訪れ、弁財天を詣で島内で休憩したという。

「地の物好んだ」伝承にちなみ

 調理は島内で鎌倉時代からの由来を持つ岩本楼が担当。刺身のつけだれには、現代で一般的な醤油に加え、江戸時代に用いられた「ぬた」を用意するなど、当時の旅行気分を感じられるような工夫を凝らした。

 調査に協力した市郷土歴史課によると「家康は当時では高齢の75歳まで生き、質素倹約を推奨。『将軍』の肩書のイメージとは異なり、旅の際は地の物を好んで食したとも」と解説する。

 当日は同協会の湯浅裕一会長や江の島片瀬飲食業組合の渡邊英雄組合長らが出席。美味しさや見た目、ボリュームや歴史解釈の観点などから意見を交換した。

 ガイドツアーは、江島神社特別見学などを含む島内の歴史散策3時間の後、食事をする行程を予定。今後はモニターツアーなどを実施し、2023年中に本格的な募集をしたいという。

藤沢版のトップニュース最新6

即席応援団に再び光

日大藤沢サッカー部

即席応援団に再び光

スポーツマンシップに賞

7月19日

“赤いじゅうたん”育み15年

“赤いじゅうたん”育み15年

小出川彼岸花団体に栄誉

7月19日

搬送数昨年比7件増

熱中症

搬送数昨年比7件増

暑さ避け水分補給を

7月12日

踏切道廃止で安全確保へ

藤沢本町駅周辺整備

踏切道廃止で安全確保へ

市が8年後の完成目指す

7月12日

官民協働 未来のまちへ

湘南大庭地区

官民協働 未来のまちへ

活性化指針、素案まとまる

7月5日

ファン支援で“ホピ子”復活

ファン支援で“ホピ子”復活

葛原から再びレースの頂へ

7月5日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催 

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202308/57162.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook