ホーム > 茅ヶ崎版 > ローカルニュース > 無病息災、家内安全を願い

茅ヶ崎

無病息災、家内安全を願い

市内各所で「どんど焼き」
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
あざやかな色の団子を焼く姿がみられた
あざやかな色の団子を焼く姿がみられた

 新春の恒例行事である「どんど焼き」が、今年も1月14日に厳島神社(新栄町)など茅ヶ崎市内各所で行われた。

 どんど焼きは小正月に行う火祭りのことで、門松やしめ縄飾りを家から持ち寄って燃やし、その年の無病息災や家内安全などを願うという伝統行事。また、その火で焼いた団子を食べると1年間健康で暮らせるという。

 厳島神社では、家庭から集められたしめ縄やだるまなどが燃やされた。多くの親子連れや近隣住民などが集まり、火の前で赤や白など色とりどりの団子を焼いた。

 また、地元消防第二分団の協力で、焼き芋とおしるこが振舞われ、賑わいを見せていた。
 

関連記事

powered by weblio


茅ヶ崎版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野