ホーム > 茅ヶ崎版 > ローカルニュース > 資源物の出し方が変わる

茅ヶ崎

資源物の出し方が変わる

4月1日から 収集も同日に
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

 4月1日から茅ヶ崎市内のびん、かん、ペットボトルの出し方が変わる。これまで袋に入れて出していたが、今後はコンテナやネットに入れる方法になる。

 市は現在、寒川町と共同でリサイクルセンターの建設を進めている。同センターが完成すれば資源物の分別収集品目が拡大でき、それに伴い今回の取り組みが実施される形となった。

 集積場所に出す時の変更点は【1】びんはすすいでからコンテナに入れる【2】かんはすすいだ後、つぶさずに青色のネットに入れる【3】ペットボトルはすすいだ後、キャップとラベルを取り、つぶしてから黄色のネットに入れる、など。また、びん、かん、ペットボトルの収集は同じ日に変更される。

 その他にも、昨年からモデル事業として行っていた地区は4月からプラスチック製容器包装類・廃食用油・金属類が資源物として新たに追加される。

 詳細は市資源循環課【電話】0467(82)1111
 

関連記事

powered by weblio


茅ヶ崎版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野