ホーム > 茅ヶ崎版 > ローカルニュース > 朝市で「現状知って」

茅ヶ崎

商連が被災地支援イベント

朝市で「現状知って」

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
東北地方の野菜も多く売れた
東北地方の野菜も多く売れた

 茅ヶ崎市商店会連合会(戸塚邦雄会長・以下商連)が主催するイベント「チャリ太の絆 朝市〜うんまいぞ!!東北・福島・北関東」が5月28日、29日に茅ヶ崎中央公園で行われた。

 両日は東北地方の野菜販売をはじめ、市内飲食店なども出店。雨が降り続く悪天候にもかかわらず、多くの人出で賑わいを見せていた。茨城県の生産者である天然屋の大河正人さんも今回出店を決意した一人。「『頑張ってください』という温かい声をもらって嬉しい。現地ではほうれん草などの葉ものは半額で売られています。その現状を少しでも知ってもらえたら」と訴えていた。また、商連の小林健二販促委員長は「お店とお客さんに喜んでもらえて嬉しい。これからも商店会らしいやり方で応援していきたい」と話していた。
 

関連記事

powered by weblio


茅ヶ崎版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野