茅ヶ崎版 掲載号:2011年7月29日号
  • googleplus
  • LINE

水の大切さを活字で 八鍬(やくわ)奈海さん(松浪中)が作文コンクールで入選

入選した作文を手に笑顔を見せる八鍬さん
入選した作文を手に笑顔を見せる八鍬さん

 第33回「全日本中学生水の作文コンクール」神奈川県表彰で松浪中1年の八鍬奈海さんが書いた「大きな幸せを届けるために」が入選を果たした。

 「まさかもらえるとは思いませんでした。自分の考えや思いを書いた作文をたくさんの人に知ってもらえて光栄です」と笑顔で喜びを語る。

 コンクールの話を聞いたのは、5月の国語の授業の時。自由参加だったが即座に手を挙げた。「とにかく作文を書くことが好きなので先生から言われた瞬間、やろうと決めました。一日で書いちゃいましたが書けば書くほどいろんなことが思いついてまとめるのが大変でした」と振り返る。 

 入選作は、東日本大震災の被害を受けて雑誌などから情報を集めて取り組んでいる節水のこと。また自らの日常生活を振り返って考えを見直したことなどが原稿用紙、約3枚半にまとめられている。「震災の被害を見て小さなことからはじめようと思い、節水を始めました。当たり前のことを当たり前に積み重ねることが大切だと再認識しました」。この経験を、今後の生活にもいかしていく。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ご当地キャラが大集合

ご当地キャラが大集合

24日・25日 ラスカ茅ヶ崎

3月24日~3月25日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク