茅ヶ崎版 掲載号:2011年10月28日号
  • googleplus
  • LINE

屋上水田で米収穫 汐見台小で稲刈り

屋上に作られた田んぼで稲刈りを行う児童たち
屋上に作られた田んぼで稲刈りを行う児童たち

 今年4月に開校した汐見台小学校(橋本和男校長)屋上の水田で10月24日、5年生とその保護者らが稲刈りを行った。屋上水田が設置されているのは市内では唯一。

 同校は太陽光など環境に配慮しており、屋上の水田には地下水を利用。米はキヌヒカリで、6月中旬から田おこしを行い、準備を進めてきた。

 JAさがみの職員と市内農家の三堀政行さんの協力のもと、児童たちは稲刈りに汗を流した。今回が初めての取り組みということもあり、橋本校長は「案山子やネットを張ったが、鳥に食べられるなど収穫量は少ない」という。脱穀も児童たちが行い、収穫した米は5年生が食べる予定。「田植えをしている時の子どもたちの顔がとても良かった。当たり前に食べているものに関心を持ち、農家の方たちのたくさんの苦労や想いを感じてもらいたい」と橋本校長は話していた。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ご当地キャラが大集合

ご当地キャラが大集合

24日・25日 ラスカ茅ヶ崎

3月24日~3月25日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク