茅ヶ崎版 掲載号:2012年3月9日号

被災者の思い出蘇らせ

市内で続く写真洗浄ボランティア

洗浄した写真を丁寧に干していく(3月5日撮影)
洗浄した写真を丁寧に干していく(3月5日撮影)

 東日本大震災の津波などで被災した写真を預かり洗浄、返却する「写真洗浄ボランティア」。この取り組みは全国的に広まり茅ヶ崎市内でも行われている。

 その中の一つがボランティア「海辺のあらいぐま@茅ヶ崎」(http://beachguma.blog.fc2.com/)。市内在住の千葉晃嗣さんらが中心となり、昨年10月頃から市内のマンションの共有スペースで週1〜2回のペースで、1回15人ほどが集まって活動している。現在までに洗浄した写真は1万枚以上にのぼり、参加者は中学生から70代までと幅広く累計参加人数は150人を越えたという。

 千葉さんは「震災から1年経った今も新たな参加者がいて意識の高さを感じている。今後も写真がなくなるまで続けていきます」と話している。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク