茅ヶ崎版 掲載号:2012年5月25日号

段ボールの街が登場 社会

リハビリ専門学校で交流事業

子どもと生徒が協力して工作を楽しんだ
子どもと生徒が協力して工作を楽しんだ

 茅ヶ崎リハビリテーション専門学校(茅ヶ崎市西久保500)体育館で先ごろ、子どもたちを招いた工作アートのワークショップが開催された。

 イベントは発達障害児の支援活動を行うNPO法人「バオバブの樹」が主催となり、子どもらを募って実施。同校の言語聴覚学科生徒らがスタッフとして参加して、総勢100人以上で段ボールを使った街づくりが行われた。子どもたちは学生のサポートを受けながら、家や道路などを制作し、実際に完成したもので賑やかに遊んでいた。

 同校で初開催となった今回の催し。学校関係者は「子どもさんに加え、生徒にも授業では得られない貴重な体験が出来た。今後も地域との交流や教育の一環として継続していきたい」と話している。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク