茅ヶ崎版 掲載号:2012年5月25日号

浜見平地区

複合施設に「民間力」を 政治

整備事業実施方針まとまる

 茅ヶ崎市は「浜見平地区複合整備事業」の実施方針をまとめ、5月17日に公表した。これは「浜見平地区まちづくり計画」に基づくもので、実施方針には民間活力の導入等について盛り込まれている。

 まちづくり計画には、商業施設と公共公益施設等を整備し、豊かな生活拠点を目指す方向性が示されている。今回の実施方針は、その中で位置づけられた「生活拠点ゾーン」の一区画(浜見平489の1外/7070・46平方メートル)が対象。ここは「公共公益施設・商業ゾーン」と定められ、民間施設と公共施設(行政窓口センター/保育園・地域育児センター等)、その他施設(駐車場、駐輪場等)を建設する。「(同事業の区画は)先行して整備が行われるため、にぎわいに欠ける可能性がある。商業色も入れたい」と市は話している。

民設民営でコスト削減

 区画の所有者はUR都市機構であり、市が借地後、民間事業者に転貸するシステムを採用する。事業者は各施設の設計から建設、運営まで担当。市は公共施設部分を貸借する。

 民間事業者の導入は、地域経済の活性化が狙い。また、コスト削減にもなり、支出を平準化できるメリットがある。民間施設の用途は事業者の提案次第で「浜見平地区は高齢化が進んでいる。子育て世代の方にも住んでもらえる施設になれば」と市は期待している。

公募は7月上旬予定

 事業者に対する募集要項の公表は7月上旬を予定。選定は公募型プロポーザル方式として提案を求める。その後、来年1月に事業契約等を締結し、2015年4月の竣工を目指している。なお、他の「生活拠点ゾーン」はUR都市機構が請け負っており、「商業ゾーン」「公共公益施設・商業ゾーン」の順で整備が行われていくという。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

製造業に期待も流通業は先行き不透明

30周年記念のステージ

女声合唱団湘南はまゆう

30周年記念のステージ

1月20日号

「文化振興に役立てて」

湘南ステーションビル株式会社

「文化振興に役立てて」

1月20日号

「さらに素晴らしいまちに」

茅ヶ崎JCが新年式典

「さらに素晴らしいまちに」

1月20日号

各所で指導・相談受付

確定申告

各所で指導・相談受付

1月20日号

元プロ野球選手が指導

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク