茅ヶ崎版 掲載号:2013年3月1日号
  • googleplus
  • LINE

SDC♡マミーズ 「スッキリ笑顔で帰って」 被災者サロン開設

社会

「ここでは方言が出ます」と話す小畑さん(左)と八島さん(右)
「ここでは方言が出ます」と話す小畑さん(左)と八島さん(右)

 東日本大震災で県内に避難してきた人々を支えあう「SDC♡(エスディーシーハート)マミーズ」がこのほど市内東海岸北にサロンを開設した。同サロンは被災者が中心となり被災地や日頃の生活について、地元住民と一緒に情報交換を行う場。子どもの教育相談も行っている。

 今回立ち上げの事務メンバーとなったのは、現在も葉山町で避難生活を続ける小畑まゆみさん(福島県富岡町出身)と川崎市高津区で同じく避難生活を続ける八島国子さん(福島県浪江町出身)。「私は被災者を支援するための資格は何も持っていませんが、支援を受けた経験からできることをしたいです」と元気に小畑さん。八島さんは「この雄三通りでサロンを立ち上げましたが、今後は他の場所でも被災者と地元住民がコミュニケーションをとれる場を作るのが理想です」と穏やかに話した。

 SDC♡マミーズは、2011年4月設立の東日本大震災で県内に避難する中高生のサポート団体SDC♡から派生。今までSDC♡利用の対象者は避難生活を続ける中高生やその保護者だったが、マミーズに制限はない。避難生活を続ける老若男女が、サロンで被災状況から他愛のない話に至るまで、地元の人と何でも話せる場として開いている。「私たちが(保護者側として)利用した時、色んな話をしてスッキリした。お年寄りもここに来ることが外へ出るきっかけとなれば」と声を揃えて2人は話していた。

 同サロンはさんこうビル2F(東海岸北2の1の58)に開設。利用時間は、(月)〜(金)の午前10時30分から午後3時30分まで((土)(日)(祝)は休み)。問い合わせは、SDC♡マミーズ【電話】【FAX】0467・82・0678か【携帯電話】090・9950・1295へ。
 

ラスカ茅ヶ崎桜スイーツ福袋販売

春のおすすめ14種類の桜スイーツが大集合!

http://www.lusca.co.jp/chigasaki/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

”食”が地域と企業の懸け橋に

大島泰毅&家族展

市民ギャラリー

大島泰毅&家族展

3月30日号

ウクレレは茅ヶ崎に似合う音

「海の厄介者」を美味に

茅ヶ崎の自然 五感で満喫

アートでまちを元気に

アーティストyuyuさん

アートでまちを元気に

3月23日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大島泰毅&家族展

市民ギャラリー

大島泰毅&家族展

4月4日~4月8日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク