茅ヶ崎版 掲載号:2017年3月3日号 エリアトップへ

不法投棄をさせない 住民らがパトロール

社会

掲載号:2017年3月3日号

  • LINE
  • hatena
コース上のごみも回収した
コース上のごみも回収した

 茅ヶ崎市の鶴嶺西地区と小出地区で、このほど住民・警察・行政による「不法投棄合同パトロール」が初めて行われた。

 対象となったのは、市内でも不法投棄が多く発生している地域。茅ヶ崎市環境事業センターによれば「市内の不法投棄は数こそ減少傾向にあるものの1回当たりの量は増加している」という。これまでに大きなものでテレビや冷蔵庫、バイクなどが投棄されている。

 鶴嶺西地区では2月11日にパトロールを実施。萩園自治会と環境指導員、今宿自治会長、茅ケ崎警察署員、市環境事業センター職員の約30人が参加した。参加者は2手に分かれ、ごみ拾いをしながら、過去に不法投棄のあった地域を巡回した。萩園自治会の成瀬清自治会長は「この辺りは街路灯がなく、夜は真っ暗で住民の目が届きづらい。パトロールは犯人を捕まえるのではなく、不法投棄をしにくい環境を作ることが目的と思っている」と話した。

 合同パトロールは26日に小出地区でも行われ、17自治会からの28人を含む40人が参加した。同センターは「この取組みを周知し不法投棄の防止につなげるためにも、今回の結果をフィードバックした上で今後もパトロールを継続していければ」と話している。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

街なか「えぼし岩」

街なか「えぼし岩」 社会

本庁舎2階の屋上庭園

8月7日号

「より力強い活動に」

茅ヶ崎の文化景観を育む会

「より力強い活動に」 文化

NPO化後初の総会

8月7日号

夜鳴く虫を観察しよう

夜鳴く虫を観察しよう 教育

8月22日 里山公園で

8月7日号

まちスポでパン販売

まちスポでパン販売 経済

きょう7日

8月7日号

自由な発想の「書」作品

自由な発想の「書」作品 文化

茅花展 8月6日から

8月7日号

「ボクのお名前考えて」

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク