茅ヶ崎版 掲載号:2017年9月22日号 エリアトップへ

公民館へ若者を 大学生が市へプレゼン

教育

掲載号:2017年9月22日号

  • LINE
  • hatena

 茅ヶ崎市役所に約2週間の就業体験(インターンシップ)に訪れていた大学生が実習の最終日に、公民館に若者の来館者を増やす方法について、公民館長らの前でプレゼンテーションを行った。

 発表を行ったのは産業能率大学情報マネジメント学部2年の大谷満理奈さん(19)=高田在住=と、文教大学情報学部3年の坂本真也さん(20)=鶴が台在住。2人は市役所での就業体験で松林公民館と小和田公民館に配属され、公共施設見学や公民館主催事業の運営補助を体験。最終日の発表課題として公民館長から「若者が公民館に来てもらうには」が与えられていた。

 プレゼンには市内5つの公民館の館長や市社会教育課長、教育推進部長らが出席。大谷さんは、公民館の場所を示す看板の設置や直通バスの運行、「カクテル講座」など若者を呼び込めるイベントを提案。「ツイッターやインスタグラムなどを活用すれば情報を拡散できる」と発表した。坂本さんは、楽器やVR講座など若者が参加したくなるような事業や、若者主体のサークル作りを提案。「お年寄りが孫と参加できるような事業、料理教室など20〜30代の出会いの場となるようなイベントがあれば、さらに多くの人が公民館に足を運ぶのでは」と発表した。館長らからは「若者ならではの視点で、良いアイデア」などと感想が出た。

 発表を終えた2人は「緊張したが、利用者の立場で考えた案を発表できた。自分でも公民館を活用し、周囲に広めていきたい」(大谷さん)、「より具体的な案を出せるよう意識した。今後も公民館活動に積極的に参加していきたい」(坂本さん)と感想を語った。

 公民館長らは「提案は再度内容を精査して検討していきたい。2人には実際に公民館を利用する側になってもらい、彼らから公民館の良さを広く発信してもらえれば」と話している。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

南極から環境考える

南極から環境考える 社会

大学教授による講座

8月19日号

自由研究のヒント紹介

記念碑設置へ向け写真展

記念碑設置へ向け写真展 社会

20日から支援も募集

8月19日号

中村咲良さん 決勝に

高校総体 陸上

中村咲良さん 決勝に スポーツ

北陽中出身 走幅跳に出場

8月19日号

野口さん宇宙の食語る

野口さん宇宙の食語る 経済

カップヌードル博物館で

8月12日号

「新型コロナかな」と思ったら

「新型コロナかな」と思ったら

抗原検査キットでセルフテストを

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月8日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook