茅ヶ崎版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

ごみ減量に役立てて 大村紙業がボックス寄贈

教育

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena
大村社長(右)から佐藤市長へ手渡された
大村社長(右)から佐藤市長へ手渡された

 特に難しいとされる雑紙(ざつがみ)の分別に役立ててほしいと、大村紙業株式会社(本社・茅ヶ崎市甘沼)が「雑紙リサイクルボックス」1500個を市内の19公立小学校に寄贈した。

 3月25日に市役所で開かれた寄贈式では、大村日出雄代表取締役社長から佐藤光市長に同ボックスが手渡された。大村社長は「“ごみの減量”という心を育む教育に使っていただけるとうれしい」と話し、佐藤市長は「リサイクルの大切さを子どもたちに教えていきたい」と謝辞を述べた。

 ボックスはダンボール製で、えぼし麻呂のイラストとともに『雑がみはごみの中に眠る宝物』と印刷されている。市内19校の小学校全クラスに配布され、啓発ツールおよび環境学習の教材として活用される予定。

 市では「この取り組みが学校から家庭へ波及することを願い、さらにごみの減量を目指していきたい」と話している。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

褐炭由来の水素でドローンデモ飛行

新たに80人の感染を確認

新型コロナ

新たに80人の感染を確認 社会

9月24日号

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル 社会

高田在住のコールダック

9月24日号

就農10年「安定経営できてる」

就農10年「安定経営できてる」 経済

市内初の新規営農者 石川正人さん

9月24日号

深まる秋に花の便り

「コンテンツ大賞」に参戦

「#ちがすき」

「コンテンツ大賞」に参戦 社会

読者投票9月25日から

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook