茅ヶ崎版 掲載号:2020年7月10日号 エリアトップへ

子育て世代の居場所守る 「ママほぐ」4カ月ぶりに再開

社会

掲載号:2020年7月10日号

  • LINE
  • hatena
見守り保育付きなので安心して参加できる
見守り保育付きなので安心して参加できる

 新型コロナの影響で休止していた、子育て中の母親を支援する交流会「ママほぐ」が7月1日、浜見平のまちづくりスポット茅ヶ崎で約4カ月ぶりに再開した。

 当日は入場時の検温や手指消毒など感染防止対策を徹底し、参加人数も制限。助産師やボディケア、アロマなどのワークショップの講師に見守られながら、母子20人の参加者はゆっくりとした時間を過ごした。

 8カ月の娘と初参加した30代女性は「先輩ママさんとお話したり、娘が歳の近いお姉さんを目で追いかけたりと新鮮な体験だった」と話した。

開催回数の増加検討

 自粛期間はSNSを使ったライブ配信で講義を行っていた同イベント。参加者はコメントを書き込む事ができるが、講師から参加者の顔や表情は見えない。細やかなアドバイスは難しく、対面でのイベント再開を待ち望む声も多かった。

 ママほぐ代表・高村えり子さん(33)は「ハイハイしかできなかった子が4カ月ぶりに会うと歩けるように。再会の喜びもひとしお」と話す。

 市内の子育て支援センターなど、7月から利用を再開した公共施設も多いが、まだ母子学級や助産師相談会などは再開されない。その受け皿として、ママほぐでは隔月だった「産後カフェ」を毎月開催にしたい考え。

 高村さんは「コロナ禍でも子どもは生まれる。ますます孤立が進んでしまうママたちのために、毎月確実にママほぐを開催して居場所を守っていきたい」と意気込んだ。

小清水仏壇店

お彼岸ご奉仕会開催中!

http://www.chigasaki-saijyou.com/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

コロナ禍で企業も茅ヶ崎へ

ITベンチャーの「ZENKIGEN」

コロナ禍で企業も茅ヶ崎へ 社会

サザンビーチ前にサテライトオフィス

2月26日号

帽子と横断旗 子どもたちに

帽子と横断旗 子どもたちに 教育

第一カッター、ウェブデモに感謝状

2月26日号

「かけっこ力」測ってみよう

「かけっこ力」測ってみよう スポーツ

28日 旧メガネックスで

2月26日号

2日続けて落語会

2日続けて落語会 文化

3月4日、5日 ハスキーズで

2月26日号

観光誘客ポスター完成

市観光協会

観光誘客ポスター完成 経済

コロナ収束後の来訪願い

2月26日号

エコバッグ作りませんか

自治会オリジナル

エコバッグ作りませんか 文化

今年度の活動を形に

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク