茅ヶ崎版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

タウンレポート 「野外×1人テント」でリアル公演 演劇ユニット「犬猫会」

文化

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena
▲『ニホンのドコカのヒトヒト─No Distance Humans─』と題し、イオンスタイルの屋上で熱のこもった演技を披露。同公演の映像版は、1月22日(金)から2月14日(日)まで配信。特別シーンも楽しめる。視聴は2000円。申し込みは【URL】https://ndh-s2020inunneko27.peatix.comへ。
▲『ニホンのドコカのヒトヒト─No Distance Humans─』と題し、イオンスタイルの屋上で熱のこもった演技を披露。同公演の映像版は、1月22日(金)から2月14日(日)まで配信。特別シーンも楽しめる。視聴は2000円。申し込みは【URL】https://ndh-s2020inunneko27.peatix.comへ。

 舞台は、屋上のフットサル場--。コロナ禍で、演劇公演の中止が相次ぐ中、感染対策のために、野外に設けられた”1人用テント”から本格芝居を鑑賞するという「新しい演劇のカタチ」に挑戦する劇団を取材した。

 陽射しが差すも、キリリと冷たい空気が流れる12月下旬、イオンスタイル湘南茅ヶ崎屋上の「岡崎慎司フットサルフィールド」では、熱のこもった演技が披露されていた。1人テントの中では、毛布や防寒ウエアに身を包んだ観客が、目前まで迫る役者の演技を食い入るよう、そしてリラックスした様子で楽しんだ。

 ここはフットサル場。もちろん、暗転も舞台袖も、照明による演出もない。出番を終えた役者は、奥に配されたテントへとはけていく。場面転換にはカラーコーン、地声とマイクを使い分ける。

 こんな一風変わった演出で観客を惹き込むのは、県内で活動する俳優・山猫智代さん(29)と演出家・犬野玲子さん(29)によるユニット『犬猫会』だ。「オンライン演劇」に切り替える劇団が増える中でも、2人はあくまでもリアルな演劇にこだわった。「同じ空間・時間を共有してこそ演劇。客席と相互に空気がやりとりされ、空間全体が一つの共同体のようになる感覚はリアルな舞台でしか生まれない」と、1人テントによる野外公演に挑戦することに。会場探しに苦戦する中で出会ったのが、同フットサル場だった。「スポーツと文化の交流の場にしたい」と考えていたスタッフの宇野あかりさんが快諾し、実現した。

 会期中は売れないお笑い3人組の悶着や、”都内で働く娘”の帰省を巡る家族のバトル、訪問介護士の葛藤など、コロナ禍で浮き彫りになった、様々な問題に切り込んだオリジナル短編4作品を、シリアスかつコミカルに演じた。

 観客らは「自分のためだけに演じてもらっているような贅沢さがあった」「時代を反映した深いテーマの脚本で、演出も斬新で秀逸だった」と評していた。

賃貸物件の管理募集中!

空室でお困りのオーナー様は、お気軽にお電話ください。

https://www.inaoka-h.com/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

「5G」を学ぶセミナー

「5G」を学ぶセミナー 経済

4月24日 オンラインで

4月16日号

新たに20人の感染者を確認

新型コロナ

新たに20人の感染者を確認 社会

4月16日号

BMXの五輪強化育成選手・内藤さんが茅ヶ崎市長を表敬訪問

【Web限定記事】

BMXの五輪強化育成選手・内藤さんが茅ヶ崎市長を表敬訪問 スポーツ

5月14日からジャパンカップ出場

4月16日号

ハンドメイド展開催

ハンドメイド展開催 文化

ギャラリー街路樹で

4月16日号

茅ヶ崎市による子育て短期支援事業

【Web限定記事】

茅ヶ崎市による子育て短期支援事業 社会

食事、身の回りの世話、学習支援など

4月16日号

シティプロモーション担当新設

【Web限定記事】茅ヶ崎市

シティプロモーション担当新設 政治

4月から組織改正

4月16日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter