茅ヶ崎版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

小和田で認知症声掛け訓練 地区単位で初の取り組み

社会

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
参加者が交代で声掛け役(左)と認知症役(右)を体験
参加者が交代で声掛け役(左)と認知症役(右)を体験

 小和田地区で3月20日、認知症高齢者の見守りを想定した模擬訓練が実施された。これまで市全体のイベントで訓練が行われたことはあったが、地区単位での取り組みは市内で初めて。

 「認知症にやさしい小和田に」-。そんな思いを胸に、小和田地区では10年ほど前から認知症に関するセミナーなどを開催してきた。そして今回、地区の社会福祉協議会とまちぢから協議会を中心に、実際に認知症を見かけた際の声掛けについて参加した約30人が学んだ。

笑顔で、やさしく

 模擬訓練の前には、茅ケ崎警察署生活安全課や市高齢福祉介護課の職員が声掛けのポイントを伝え、グループに分かれて街中へ。参加者たちが認知症役と声掛け役を交代で体験し、双方の気持ちを理解するよう努めた。

 行方不明の設定の認知症役男性を公園で見つけた声掛け役・宮島真美子さんは、笑顔でやさしく話しかける=写真。「お散歩中ですか?お家は?」。男性は「家がわからなくなってしまった」。宮島さんは腰をかがめて視線の高さを男性と合わせ、名前などの情報を聞いていく。その情報をもとに、本部へ電話で伝えた。

 訓練後に宮島さんは、「相手は弱っているので、声のトーンや言葉遣いに気をつけ、不審感を持たれないようにするのが大事だと思った」。訓練には子育て世代も参加し、涼子さんは「自分から名前を名乗ることも大事。日中は小和田で過ごすことが多いので、認知症の方を見かけたら声を掛けたい」と話した。

 主催者の八幡弘徳さんは「今後も新たな参加者を招いて訓練し、地域全体で見守っていきたい」と前を見据えた。

子育て世代も参加
子育て世代も参加

賃貸物件の管理募集中!

空室でお困りのオーナー様は、お気軽にお電話ください。

https://www.inaoka-h.com/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

「5G」を学ぶセミナー

「5G」を学ぶセミナー 経済

4月24日 オンラインで

4月16日号

新たに20人の感染者を確認

新型コロナ

新たに20人の感染者を確認 社会

4月16日号

BMXの五輪強化育成選手・内藤さんが茅ヶ崎市長を表敬訪問

【Web限定記事】

BMXの五輪強化育成選手・内藤さんが茅ヶ崎市長を表敬訪問 スポーツ

5月14日からジャパンカップ出場

4月16日号

ハンドメイド展開催

ハンドメイド展開催 文化

ギャラリー街路樹で

4月16日号

茅ヶ崎市による子育て短期支援事業

【Web限定記事】

茅ヶ崎市による子育て短期支援事業 社会

食事、身の回りの世話、学習支援など

4月16日号

シティプロモーション担当新設

【Web限定記事】茅ヶ崎市

シティプロモーション担当新設 政治

4月から組織改正

4月16日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter