茅ヶ崎版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

移動図書館車「しおかぜ号」 約40年の歴史に幕 分室増や財政悪化に伴い

文化

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena

 茅ヶ崎市立図書館が1979年10月より実施していた「移動図書館車巡回事業」が、2021年3月をもって約40年の歴史に幕を閉じた。

 図書館本館や分館から離れた地域に住む市民を対象に、約6000冊を乗せた「しおかぜ号」が市内16カ所を巡回し、図書の貸出をしてきた。

 その後、市は公民館など市内各所で分室や図書室の整備を推進。22年度には市内北部に資料館機能を備えた(仮称)茅ヶ崎市歴史文化交流館が建設予定となっていることもあり、同年度中の事業中止が予定されていた。そんな中、新型コロナの感染拡大に伴い、市の財政状況が悪化。中止をさらに2年間前倒しすることが決定した。

涙を流す人も

 しおかぜ号は1日2カ所、2週間に1度程度のペースで巡回。訪問時に放送する茅ヶ崎市歌も含め、市民に親しまれた。

 歴代3代目となる「しおかぜ号」の運転手を3年前から務めていた三橋浩幸さん(59)は、「小さい子連れや年配の方に本当に愛されてきた。無くなる知らせを聞いて涙を流す方も」と話す。図書館への訪問が困難で、代理の家族がいない人を対象とした「家庭配本サービス」も展開しているが、「自分で本を選ぶ楽しみがなくなるのが寂しい」という声も届いているという。

 佐藤勇館長(55)は「多くの方に愛されていたため、とても残念」とコメント。今後、事業の足跡を記した資料を作る予定だという。
 

ドライバーの三橋さん
ドライバーの三橋さん

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

パイプオルガンコンサート

平和学園

パイプオルガンコンサート 文化

12月11日 先着250人

12月3日号

自分の健康は自分で守ろう

「おしごと」の大切さ体験

市内小学生と保護者ら 茅ヶ崎YEG

「おしごと」の大切さ体験 社会

12月3日号

茅ヶ崎から「宇宙」へ飛躍

円蔵に本社 (株)由紀精密

茅ヶ崎から「宇宙」へ飛躍 経済

超小型人工衛星のエンジンを開発

12月3日号

空手五輪代表の技間近で

空手五輪代表の技間近で スポーツ

柳島自治会館で体験会

12月3日号

大隅寿男ジャズライブ

大隅寿男ジャズライブ 文化

ハスキーズギャラリーで

12月3日号

小清水仏壇店年末セール

お仏壇ご奉仕価格 全商品仏具一式付きで1割~3割引き!

htt9://chigasaki-saijyou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook