多摩版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

京王電鉄

来年3月から運賃値下げ

経済

相模原線で最大20円

 京王電鉄(株)(関戸、紅村康社長)はこのほど、2018年3月から相模原線に設定している加算運賃を最大20円引き下げることを発表した。

 この加算運賃は、1979年に相模原線の新線を建設する際にかかるコストに充てるために導入されたもの。京王多摩川〜橋本間を乗車する場合と、同区間と他の区間をまたがって乗車する場合に、基本運賃に加えて京王多摩川〜橋本間の乗車距離に応じて加算運賃を設定していた。

 今回の運賃引き下げは、相模原線の建設事業費の回収が進んできていることから決まった。

数年以内には加算運賃撤廃を

 これまで相模原線に設定されていた加算運賃は、普通運賃だと1Km〜8Kmは10円、9Km〜13Kmは20円、14〜16Kmは40円、17Km〜19Kmは60円、20Km〜22Kmは80円。

 今回の引き下げによって、1〜8Km、9Km〜13Kmの区間の加算運賃が廃止になり、それ以外の距離間は20円値下げとなる。例えば、新宿から京王多摩センターまで乗車した場合、ICカードは339円が319円に切符は340円が320円になり、京王永山から京王多摩センターまで乗車した場合、ICカードは134円が124円、切符は140円が130円になる。通勤・通学定期も同様に引き下げとなる。

 同社では、この加算運賃について「数年以内には完全撤廃できるのでは」と話している。

関連記事powered by weblio


見学随時受付中

60歳以上のお元気な方から要介護5の方までご入居できます

https://www.carehouse.kashokai.com/

<PR>

多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土の味を召し上がれ

郷土の味を召し上がれ

乞田・貝取ふれあい館で「秋そばまつり」

10月22日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク