多摩版 エリアトップへ

2021年8月の記事一覧

  • 八王子産果実がアイスクリームに

    町田の専門店で販売

    八王子産果実がアイスクリームに 社会

     八王子産の果実「パッションフルーツ」を使ったアイスクリームが登場した――。提供をはじめたのは、町田市相原町にある専門店「東京みるく工房ピュア」。八王子の果実が...(続きを読む)

    8月26日号

  • 森 修さん

    落合でジムを運営しながら、40代の現役格闘家として活躍する

    森 修さん

    八王子市在住 48歳

    奥深さにのめり込み ○…9月に「待ったのかからない柔道」と例えるブラジリアン柔術の大会挑む。5歳刻みの年代別で行われるが、...(続きを読む)

    8月26日号

  • 「青い目」が身を守る?

    「青い目」が身を守る? 社会

    市内絨毯店のお守りが好評

     聖蹟桜ヶ丘駅近くの百貨店内にある手織じゅうたん専門店「アミール」で取り扱っているトルコのお守り「ナザールボンジュウ」がコロナ禍から身を守ってくれる―...(続きを読む)

    8月26日号

  • 親子で水道水学ぶ

    親子で水道水学ぶ 教育

    31日 桜ヶ丘の児童館

     水道水について学ぶことができる講座「水道キャラバン」が31日(火)、桜ヶ丘児童館で開かれる。乳幼児親子を対象にするもので、午前11時から11時30分...(続きを読む)

    8月26日号

  • 聖ヶ丘に「夏まつり」出現

    聖ヶ丘に「夏まつり」出現 社会

    代替としてジオラマ展示

     聖ヶ丘商店街内に21日、まつりの様子を表現したジオラマが出現。翌日を含め2日間にわたって同商店街に立ち寄った親子連れや高齢者らを喜ばせた。...(続きを読む)

    8月26日号

  • 様々な「顔」でお知らせ

    様々な「顔」でお知らせ 社会

    パルテノンのプレオープン日

     改修工事が進む複合文化施設「パルテノン多摩」のプレオープンまで残りおよそ7カ月となった。工事現場周辺の囲いには現在、「2022年3月27日 プレオープン」とい...(続きを読む)

    8月26日号

  • 高齢者の居場所に

    愛宕の団地内サロン

    高齢者の居場所に 社会

    都住宅公社が開放

     愛宕の都営団地内にできたコミュニティサロンが盛況だ。団地に住む高齢者らの憩いの場になっているほか、体操教室なども開かれるなど、閑散とする団地内で活気を生んでい...(続きを読む)

    8月26日号

  • コロナ自宅療養者 多摩では

    コロナ自宅療養者 多摩では 社会

    市内医療財団 事業部長に聞く

     新型コロナの感染が再び急増するなか、感染し自宅療養する人が東京都内で増えているようだ。多摩市内で40年以上にわたり在宅医療に取り組む(社医)河北医療財団多摩事...(続きを読む)

    8月26日号

  • 「窓」テーマの企画展

    八王子の大学博物館で

    「窓」テーマの企画展 文化

     帝京大学総合博物館(八王子市)で現在、企画展「みんなでたのしむあーと 窓からはじまる探検」が開かれている。窓を通していろんな世界をのぞいているかのような新鋭、...(続きを読む)

    8月26日号

  • 48歳の格闘家 奮闘中

    48歳の格闘家 奮闘中 スポーツ

    落合のジムでは指導

     多摩市内で格闘技の指導にあたりながら、48歳の現役選手として活動する格闘家が森修さん=中面・人物風土記で紹介。4年前にパンチや蹴り、寝技もありの総合...(続きを読む)

    8月26日号

  • 29年度までに全4車線化

    尾根幹線道路

    29年度までに全4車線化 社会

    今年度から「最終区」工事

     東京都は先ごろ、多摩市内などを通過する南多摩尾根幹線道路における一部区間の4車線化工事の開始を発表した。今年度から2029年度までに、現在2車線の聖ヶ丘五丁目...(続きを読む)

    8月26日号

  • 会員急増で手腕に注目

    市シルバー人材センター

    会員急増で手腕に注目 社会

    全国上位の伸び示す

     60歳以上の多摩市在住者に就業機会を提供している多摩市シルバー人材センターの登録会員数が昨年度、前年度比で130人以上の増加をみせた。コロナ禍で各地...(続きを読む)

    8月26日号

  • 「今年は密を避け見学を」

    「今年は密を避け見学を」 社会

    多摩センターのヤギ除草

     今年もヤギ=写真=がやってきた――。多摩センター駅に近い商業施設に囲まれた駐車場の斜面で現在、ヤギが「除草」にあたっている。例年、春から秋にかけてヤギ除草とし...(続きを読む)

    8月26日号

  • 現代創作人形作家が集結

    横浜人形の家

    現代創作人形作家が集結 文化

    アンティークドールとコラボ

     横浜人形の家で企画展「アンティークドール×現代創作人形」が開催されている。現代創作人形作家18人が一堂に会し、同館収蔵の陶製ビスクドール・布製レンチドール・自...(続きを読む)

    8月5日号

  • まずまず浸透・・・

    まずまず浸透・・・ 経済

    多摩市 キャッシュレス企画

     多摩市が進めるキャッシュレスキャンペーンの周知が進んでいるようだ。 消費喚起策として、市内店舗でキャッシュレス決済(二次元コード決済「...(続きを読む)

    8月5日号

  • 宣言延長下、市内の景気は

    宣言延長下、市内の景気は 経済

    桜ヶ丘商連会長に聞く

     コロナの感染が広がり、4度目となる緊急事態宣言が31日(火)まで延長となるなか、多摩市内の景気はいかに。聖蹟桜ヶ丘駅周辺にある200以上の店舗が加盟する桜ヶ丘...(続きを読む)

    8月5日号

  • 試行的に早朝利用可

    多摩東公園庭球場

    試行的に早朝利用可 スポーツ

    午前6時から 9月30日まで

     諏訪・多摩東公園の庭球場が現在、試行的に早朝から利用できる。 運営する多摩市が行ったアンケートで早朝利用の希望が多かったことに対応した...(続きを読む)

    8月5日号

  • 災害時役立つ調理法学ぶ

    災害時役立つ調理法学ぶ 社会

    16日 オンラインで「おしゃべり会」

     多摩市内で子育てや女性の社会参画などへの支援を行っている「NPO法人シーズネットワーク」は16日(月)、災害時に役立つ調理法を学ぶことができる「おし...(続きを読む)

    8月5日号

  • 市内でも連日の「真夏日」

    涼求め、子どもたちは水遊び

    市内でも連日の「真夏日」 社会

     7月中旬の梅雨明け以降、多摩市内でも真夏日が続いている。そんななか、一本杉公園内の小川では連日、子どもたちが水遊び=写真(先月23日撮影)。父親と手...(続きを読む)

    8月5日号

  • 榊 祐人さん

    多摩市の50周年記念事業として上映される映画「10年後の君へ」の監督を務めた

    榊 祐人さん

    貝取在住 37歳

    出会いもとに作品づくり  ○…脚本や編集も自分で。人と人のつながりを描いた。先日行われた試写...(続きを読む)

    8月5日号

  • 「洗濯でボラ」好評

    「洗濯でボラ」好評 社会

    聖ヶ丘商店街のランドリー

     聖ヶ丘商店街にある人呼んで「洗濯でボランティアできる」コインランドリーが好評だ。6月のオープン以来、近隣住民のほか、多摩市外からも洗濯物をもって駆け...(続きを読む)

    8月5日号

  • 議会の透明性高める

    石川 良一さん(69歳) 都民ファーストの会東京都議団

    議会の透明性高める 政治

     ――3期目に入りました 「引き続き、コロナ収束に向け取り組みを進めていくことになる。開催について賛否両論のあった東京五輪・パラについて...(続きを読む)

    8月5日号

  • 命に関わる取組みを

    小礒 明さん(69歳) 東京都議会自由民主党

    命に関わる取組みを 政治

     ――返り咲きを果たしました 「改めて強い責任を感じているところだ。前回の落選後の4年間、地域を歩き、都政に関する忌憚ない意見を伺ってき...(続きを読む)

    8月5日号

  • 20日にコンサート

    市内児童合唱団

    20日にコンサート 文化

     多摩市内を拠点に活動する児童合唱団「多摩ファミリーシンガーズ」(高山佳子代表)は20日(金)、関戸公民館・ヴィータホールでコンサートを開く。午後4時...(続きを読む)

    8月5日号

  • コロナ禍で存在感

    鶴牧の研修施設

    コロナ禍で存在感 社会

    「公共の場」としての利用増

     昨年4月に開業した鶴牧の宿泊研修施設「リンクフォレスト」が存在感を示している。企業の研修場としてだけでなく、コロナの感染拡大によって変化した慣習に合...(続きを読む)

    8月5日号

  • 障害者の詩集英訳本を販売

    障害者の詩集英訳本を販売 社会

    諏訪商店街内「駄菓子屋」で

     体に重い障害のある女性が日々の生活のなかで感じたことをつづった詩集の英訳本=写真=が諏訪商店街内の事業所「アンドラフ」に併設された「駄菓子屋」で販売されている...(続きを読む)

    8月5日号

  • 「温かさに包まれた」

    「温かさに包まれた」 文化

    市記念事業の映画試写会

     先ごろ、諏訪商店街内のすわハーモニーカフェで多摩市の50周年記念事業の1つとして上映予定の映画「10年後の君へ」の試写会が開かれた。...(続きを読む)

    8月5日号

  • 1年過ぎ、徐々に浸透

    市ユーチューブチャンネル

    1年過ぎ、徐々に浸透 社会

    今後は「外向き」発信も

     動画共有サービス「ユーチューブ」を使った多摩市の動画配信が増えている。コロナ禍における市民の「おうち時間」充実を目的として昨年4月にスタートした市公...(続きを読む)

    8月5日号

  • 1

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook