藤沢版 掲載号:2017年3月10日号

3月12日に遊行寺で横笛演奏会を開く

岸田 晃司さん

高倉在住 31歳

篠笛の可能性はこれから

 ○…門下生の発表の場にと昨年蔵まえギャラリーで初めて開いた横笛演奏会は、想像を超える多くの来場者が集まり、和楽器の注目の高さを肌で感じた。今回は遊行寺を舞台に、ゲストとして箏奏者を招待するなど、新たな仕掛けも用意した。「演奏会を門下生のモチベーションを上げるためだけでなく、もっと篠笛や能管など、横笛の良さや力を知ってもらうきっかけにしたい」と微笑む。

 ○…高倉で生まれ育つ。姉が所属していた七ツ木神社の「高倉囃子太鼓連」への送り迎えに付き添ったことがきっかけで、自身も8歳から連に加入。そこで篠笛と出合った。音楽全般が好きで、中学ではギター、高校ではバンドに加わってドラムやベースなど、幅広い楽器を扱った。そんな中で後に師となる狩野嘉宏さんの篠笛演奏をネット上で耳にする。独特の間を持つ古典的な演奏ではなく、民謡などポピュラーな曲の演奏に感銘を受けた。「篠笛にこんな演奏が出来たなんて。本格的に取り組みたい」と音大へ進学し、演奏のほか、作曲や編曲も学んだ。

 ○…2011年から篠笛奏者として活動を開始。実家の農業を手伝いながらの活動だったが、これまでの幅広い音楽活動が役立ち、その割合が日増しに大きくなってきた。現在では弟子の稽古を付けながら、近隣の学校への出前演奏、国内外へコンサートに飛び回る多忙な日々を送る。

 ○…「篠笛の音色はソロでも十分に心に響く。他の楽器との組み合わせでさらに可能性は広がる」と穏やかな表情で語る。夢は篠笛で新たな音楽ジャンルを確立させること。篠笛に魅了されつつも、年々減少するお囃子人口を危惧し、「古き良き日本の民俗芸能を残すためにも、自分が感じる篠笛の魅力を広めていくことが大切」。そうした想いから、全国の若手和楽器奏者をライバルではなく仲間とし、演奏を通じて和楽器の魅力をこれからも世に広めていく。

関連記事powered by weblio


秋の西さがみを歩こう

11/18・19城下町おだわらツーデーマーチ開催 参加者募集中

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/sports/event/2daymarch.html

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6件

辻村 琢光さん

9月17日の「ふじさわパラスポーツフェスタ」で開会のあいさつを行う

辻村 琢光さん

9月15日号

小川 葉良(はいら)さん

第52回全日本サーフィン選手権大会のメン・クラスで初優勝を飾った

小川 葉良(はいら)さん

9月8日号

馬渕 豊さん

中国で愛和緑化大使の称号を贈られた

馬渕 豊さん

9月1日号

久野 礼子(あやこ)さん

ボディビルの日本クラス別選手権大会の158cm以下級で優勝した

久野 礼子(あやこ)さん

8月25日号

和賀井 稔さん

長年にわたり、日本とインドネシアの若者の交流活動を推進するNGOの代表を務める

和賀井 稔さん

8月18日号

平野 修也さん

ワールドゲームズのライフセービング競技で世界一に輝いた

平野 修也さん

8月11日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ウクレレで市民まつりへ

ウクレレで市民まつりへ

パレードメンバー募る

9月15日~9月23日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/