藤沢版 掲載号:2017年9月8日号

第52回全日本サーフィン選手権大会のメン・クラスで初優勝を飾った

小川 葉良(はいら)さん

市内在住 19歳

波を見極め一本勝負

 ○…全日本サーフィン連盟所属の70支部から予選を勝ち抜いてきた、19歳から34歳までの男性アマチュアサーファー128人が出場した「第52回全日本サーフィン選手権大会メン・クラス」。全階級の中でも選手層が厚く、レベルの高い同クラスで初優勝を飾り、所属支部ごとの合計点を競う団体戦でも湘南藤沢支部を6年ぶりの優勝へと導いた。「優勝できるとは思っていなかったので素直にうれしい」。激戦を勝ち抜いてきたとは思えない、どこか幼さが抜けきらない無邪気な笑顔で笑う。

 ○…試合は静岡県で4日間。今年の波はあまり良いコンディションではなかった。初戦から一貫して心がけていたのは、乗る波の数ではなく、良い波を見極め、1本1本集中して自分らしいライディングをすること。「人と違ったポジションで波待ちをし、運よく自分にフィットする波を掴めた」。決勝では「オフザリップ」という技を連続で決め、勝利の女神が微笑んだ。

 ○…生粋の藤沢市民。鵠南小3年生のとき、サッカー友だちに誘われ、サーフィンを始める。中学でバレーボール部に入部し、一度はサーフィンから遠ざかるが、「もう一度自由にサーフィンをしてみよう」と高校から再び海へ。その後、波乗りで不可欠な脚力や体幹を養うために水泳部に入り、部長も務めた。

 〇…ホームの鵠沼海岸ではスケートボードで世界的に活躍する妹と並ぶ有名人。「優勝おめでとう、小川家凄いな」と友だちから次々と声をかけられる。波乗りの魅力を「同じ波は二度と来ないから飽きない。海では普段話す機会がない人ともサーフィンで友だちにもなれる」と話す。4月に入学したばかりの東海大学での生活を訊ねると「新しい学校生活にまだ慣れず、ちょっと寂しい」と、今どきの学生らしい一面をのぞかせる。「何でもやるからには真剣に。プロサーファーを目指しています」。まさに今、波が来ている。

関連記事powered by weblio


藤沢版の人物風土記最新6件

辻村 琢光さん

9月17日の「ふじさわパラスポーツフェスタ」で開会のあいさつを行う

辻村 琢光さん

9月15日号

馬渕 豊さん

中国で愛和緑化大使の称号を贈られた

馬渕 豊さん

9月1日号

久野 礼子(あやこ)さん

ボディビルの日本クラス別選手権大会の158cm以下級で優勝した

久野 礼子(あやこ)さん

8月25日号

和賀井 稔さん

長年にわたり、日本とインドネシアの若者の交流活動を推進するNGOの代表を務める

和賀井 稔さん

8月18日号

平野 修也さん

ワールドゲームズのライフセービング競技で世界一に輝いた

平野 修也さん

8月11日号

柴田 倭敏(まさとし)さん

パネル展を開催する藤沢市遺族会の会長を務める

柴田 倭敏(まさとし)さん

8月4日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/