平塚版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

地下道ミュージアム完成個性あふれる17作品お目見え

文化

平塚の名所を絵画にした階段ラッピング前で記念撮影する参加アーティストたち
平塚の名所を絵画にした階段ラッピング前で記念撮影する参加アーティストたち
 公共空間に設置される芸術作品「パブリックアート」で駅前地下道を彩る「平塚地下道ミュージアム」がこのほど完成し3日、ラスカ前で落成式が開かれた。

 およそ60人の駅利用者が見守るなか、落成式には参加アーティストにくわえ、落合克宏市長も出席。「平塚市の玄関口がアートで元気に美しくなりました」と感想を述べ「地元ゆかりのアーティストによる市の魅力発信」に期待を込めた。

 平塚市が推進するシティプロモーション活動に地元ゆかりのアーティストが協力した今回のプロジェクト。 昨年7月に明石町の工事現場のフェンスに壁画を施す「平塚まちなか美術館」に参加したアーティストらが実行委員会とともに今年4月から準備を進めた。現在、駅北口の地下道に絵画や詩、階段ラッピングなど個性あふれる17作品が通行者を楽しませている。

 落成式を終えて実行委員会の北澤桃子委員長(35)は「(地下道を通る人たちが)作品を見ながら話を弾ませていたのが印象的でした」と通行者の反応に手ごたえを感じた様子だった。

 市シティプロモーション担当によると、展示は3年ほどを見込み、市民の反響などを踏まえて作品を増やすこともあるという。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク