秦野版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

曲松横川光雄さん

生涯スポーツ功労者に スポーツ

スポ少の指導者育成などに尽力

横川光雄さん
横川光雄さん
 地域や職場でスポーツの普及、発展、振興に貢献したスポーツ関係者を文部科学大臣が称える「生涯スポーツ功労者」に秦野市曲松在住の横川光雄さん(72)が選ばれ、10月6日に東京都霞が関で表彰を受けた。

 生涯スポーツ功労者は、各都道府県の教育委員会や(公社)日本体育協会、(公財)日本レクリエーション協会の選考を経て、国に推薦される。審査・推薦の基準は、10年以上スポーツの普及や奨励のための取り組みや指導に尽力した人で、おおむね40歳以上。現在もスポーツを熱心に指導している人であることなどが条件となっている。

 この表彰は1958年に始まり、昨年までに5162人が表彰を受けている。2017年度は全国からスポーツ少年団やレクリエーション協会、陸上や体操、ボウリングなど様々な競技団体で長年尽力した156人が選ばれた。

 横川さんは会社員として働く傍ら、秦野市渋沢スポーツ少年団のバレーボール部(渋沢VSC)の指導者として、また、市や県のスポーツ少年団の役員として活動を支えてきたことから、今回(公社)日本体育協会の推薦を受けたという。

きっかけは娘の入団

 1983年から子どもたちにバレーボールを教えている横川さん。娘が渋沢VSCに入団したことで、保護者として手伝いに通っているうちに、コーチを頼まれるようになったという。

 1987年から15年間、秦野市スポーツ少年団の本部委員を務め、その後副本部長に。2007年から現在まで本部長として事業の企画・運営を担っている。

 また、2004年からは神奈川県スポーツ少年団常任委員として指導者育成事業の展開に尽力。認定資格を持った指導者に加え、団員のまとめ役となる中高校生など若い世代の「リーダー」の育成にも力を入れている。

 横川さんはこれまでを振り返り、「少年団の子どもたちが一生懸命練習に励んでいるので、忙しくても苦だと思ったことはなかった。中学生のときにリーダーとして活動に参加していた子が大人になり、就職して指導者としてチームに戻ってきた姿を見ると、嬉しいです」と話した。

渋沢VSCにバレーを指導する横川さん(左)
渋沢VSCにバレーを指導する横川さん(左)

関連記事powered by weblio


運転免許ならハダジ!

普通自動車も、バイク(大型・普通)も丁寧に指導。Tポイントも進呈中!

https://www.hadano-ds.co.jp/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6件

障害者支援の新拠点完成

開業初日に388人

名水はだの富士見の湯

開業初日に388人

10月6日号

優勝果たし関東へ

ティアラバトンクラブ

優勝果たし関東へ

10月6日号

合言葉は『安全登山』

曽屋高秦野高

合言葉は『安全登山』

9月29日号

応援券で半額に

公共施設使用料

応援券で半額に

9月29日号

秦野たばこ祭70周年

秦野版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク