さがみはら中央区版 掲載号:2013年10月31日号
  • googleplus
  • LINE

「新磯ざる菊」 全国で入賞 愛好会の広がりが評価

農園では色とりどりに咲き誇るざる菊が観賞できる
農園では色とりどりに咲き誇るざる菊が観賞できる

 南区磯部にある勝坂(かっさか)歴史公園近くの農園で、ざる菊の栽培に取り組んでいる「新磯ざる菊愛好会」(藤曲和美(ふじまがりかずみ)会長)が、第23回「全国花のまちづくりコンクール」(同推進協議会主催)の団体部門で、花のまちづくり大賞、優秀賞に次ぐ”奨励賞”に選ばれた。市内からは初の受賞。

 同コンクールは、花や緑を育み、美しく潤いのある生活環境づくりを行っている市町村・団体・個人・企業を対象としている。自薦・他薦を問わず、部門ごとに書類や現地審査などを経て、優秀な活動と認められた者に賞が贈られる。今回、同会は(公財)市みどりの協会からの推薦を受けて応募。4部門で計2187件、うち団体部門1864件の中で、「花のまちづくり奨励賞」(7団体が受賞)に選ばれた。

 同会発足は2009年。かつて牧草地だった磯部の傾斜地が土砂崩れを起こし放置されていたことから、土地の所有者の藤曲さんが「何か作物を」と模索したのがきっかけ。南足柄市で観賞したざる菊に感銘を受け、仲間と3人で栽培を始めた。現在会員は18人に増え、当初450坪だった面積も土地を借り徐々に拡大。150坪を拡張した今年は総面積750坪の段丘に約1300株のざる菊が咲き誇る。藤曲さんは「会員や近隣の方々の理解・協力があって活動が続けられる。」と話す。主催者側は「3人で始めた活動が広がり、成果も十分。今後も楽しみな事例」と評価した。

 11月16日(土)まで観賞用に農園を開放する。午前10時頃から午後3時頃まで。詳細は同会【携帯電話】080・4168・8848へ。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク